<   2008年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

38年

金多楼の穴子の煮汁は開店以来大切に使いまわしているもので
上に塗るつめはこれを煮詰めたものです。

オムツをしている息子が鍋の中にしりもちをついてしまった時
お味噌の袋を「ドボン」と落としてしまった時
二度ほど絶望的な危機に見舞われたのですが
つめを戻して使うことで何とか38年つないできました。

昔は店を開店する時には親方がこれを分けて下さる
とも聞いていますが、うちはいただけませんでした。

佃島の田中屋さんの煮汁は270年だそうです。

b0098620_13511379.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-02-19 13:52 | 金多楼 | Comments(12)

JA佐賀

長崎では爆竹の音も賑やかな
ランタンフェスティバルの真っ最中でしたが
私たちはいつものように路地裏を歩き
路面電車に乗り、マーケットの魚売り場を覗きました。

JA佐賀ではとうちゃんやかあちゃんが
獲ったり、作ったりしたものいろいろを
何とか担いで帰ってきたので
今日の賄い飯はMEDE IN佐賀です。

b0098620_1354193.jpg



035.gif

季楽(JA佐賀)
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-02-18 13:20 | | Comments(2)

佐賀→長崎→佐賀

有明佐賀空港から始まった一泊二日の旅は
思いがけない展開ばかり
とうとう長崎まで足を伸ばしました。

浜本先生のおもてなしは、出来立ての松露饅頭

b0098620_22292838.jpg
035.gif

陶板と湯のみ
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-02-17 22:33 | 出来事 | Comments(6)

冷凍餃子

消味期限といえばそればかり
冷凍餃子が危ないとなると右往左往。
掃除も洗濯も機械がやってくれる
ありがた~い世の中なのですから
少しお料理しませんか。

避けては通れない食料危機の時代
妥協の線をどこで引くか。

すっかり信用をなくしたCO・OPの牛肉を大根と煮ました。

b0098620_18293797.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-02-15 18:32 | 考える | Comments(6)

商いの首尾は日替わり

商いの首尾は日替わりというそうな
分かってはいても一喜一憂しています。

休み明けの今日、入っていた予約はキャンセルとなり
こちらが予約したいお店は忙しすぎてという理由で
閉店との連絡がありました。
世の中、さまざまです。

でも大丈夫
捨てる神あれば、拾う神ありです。

バレンタインデー
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-02-14 12:14 | 考える | Comments(4)

千駄木にて

ななちゃんの焼物と
みおちゃんの焼いたクッキー
まりさんのラベル
み~んな娘の友達です。

あま~いミルクティーが香る
物語の一こまを切り取ったような
時間と空間でした。 

b0098620_22263199.jpg


b0098620_22265748.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-02-13 22:12 | 出来事 | Comments(2)

修業

18歳から二年間の約束で
豊橋の料理屋へ修業に行った息子は
16キロも痩せて帰ってきました。
これ以上痩せるようだったら途中でも止めさせて
引き取ってこようという心積もりでいました。

豊橋は豆味噌の文化圏なので
味噌をこねるのは上手です。


b0098620_22284813.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-02-12 14:33 | 考える | Comments(5)

ルッコラ

都会で暮らす私たちにとっては
採れたて新鮮お野菜は高嶺の花です。

友人が育てた畑のルッコラをどうやって食べるか
思案の末に

スパゲッティが茹で上がる寸前
ルッコラを同じ鍋に入れて茹で
焼いたベーコンと合わせました。

b0098620_10215960.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-02-11 10:22 | 料理 | Comments(6)

バッグ

大きなイヤリングが似合う
大きな声で笑う
やさしくて、忙しいゴッドママの
バッグが仕上がりました。
パスタを教えていただくお礼です。

ジーンズの生地にレース
内側にはエトロを使いました。

b0098620_1643071.jpg



b0098620_16432272.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-02-10 16:44 | ライフワーク | Comments(2)

饅頭こわい

怖いものといえばたらこ。
上等なたらこをミディアムに焼いてご飯と食べる。
「上等なもの」という但し書きが災いして
年に数えるほどしか食べられないのが現実ですが
回りはプチプチで中がしっとりに焼くのも難しいです。

きのこの中では、これが一番怖いです。
タベルトがなくなって以来
久しぶりに出会ったので
ついさっき、バターで焼いて食べました。

b0098620_2313697.jpg


お弁当
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-02-09 23:16 | | Comments(2)