<   2012年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

白髪

白髪を染めたらもっと若く見えますよって
ダンディなお客様からのアドバイスをいただいたけど

白髪を染めない一番の理由はめんどくさいからかな・・・

加齢で出来なくなったこともあるけど
出来るようになったこともある
そんな62歳の白髪の自分がまるごと気に入ってるのかも



チムサーチョイで友人と飲茶は美味しくて楽しかった



b0098620_1084261.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-11-30 10:10 | 考える | Comments(11)

月の砂漠

最近、会長職を退かれたKご夫妻がご招待くださったのは
レストランOGINO

ここは予約が取れなくて有名で
オギノさんは本やテレビで大忙しですね。

とにかく泡から初めて4人でワインを3本空けたのですから
帰り道は“月の砂漠”や“星に願いを”を大合唱
風もない夜、まんまるお月様が夜道を照らしてくれていました。




b0098620_8221144.jpg


More
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-11-29 08:26 | たべものや | Comments(4)

新米

今年とれたもち米を頂いたのでさっそくお赤飯を蒸かしました。
頂きものを放置しておく悪い癖を改めて
さっさと使う、さっさと食べることにしたら
風通しの良い暮らしになってきています。

もち米の量に対してささげが少なかったのはご愛嬌



b0098620_5365799.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-11-28 05:37 | 料理 | Comments(0)

バーンロムサイのクマ

バーンロムサイの子供たちのために
作ったり買ったりしたクマたち

あれから我が家はクリスマスというとこの子たちを飾ります。




b0098620_16501379.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-11-27 16:51 | 宝物 | Comments(0)

鯊の甘露煮

暮れも押し迫る頃、佃島の田中屋さんで売り出される鯊の甘露煮
軟らかくて甘いお菓子のような甘露煮はお正月用なんでしょうね。

番茶でことこと煮てからお砂糖だけでまたしばらく煮
醤油を入れて煮詰めていきました。
全部自己流、あてずっぽうでしたけど
ふっくら軟らかくて甘い甘露煮が仕上がりました。

お砂糖をもっとと言う夫の声は無視!



b0098620_820359.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-11-26 08:22 | 料理 | Comments(0)

発想の転換

思想も教育も日々の家事すらも
私たちは思い込みや惰性に流され、世間体に惑わされ
自身をがんじがらめにしてはいないだろうか。

いったん白紙に戻して、改めて物事を見つめ直してみると
今まで見えなかったものが見えてくることもあるのではないかと
つらそうな友人からの電話で感じました。


大きな石鍋を買ったら小さな石鍋が不要になってしまった。



b0098620_10122750.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-11-25 10:12 | 考える | Comments(2)

私のおめざ

インターネットが繋がったら最初にポチっと押すのは
お気に入りに並べてある裏地桂子さんのハッピーブログです。
「何食べたかな~」って 
ご馳走が食べられない私にとっては見てのお楽しみです。

ソロモン流に出演なさった裏地さんの肩書きはギフトコンシェルジュ
番組の中で毎日をハッピーに生きるヒントが語られましたが気がつきました?


先日、頂いたのは吉祥昆布です



b0098620_8263027.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-11-24 08:28 | 金多楼 | Comments(0)

チャーシュー

昔々、カワハギ竿を作らしたら天下一品
という竿師のクニさんの手土産は
横浜中華街のチャーシューで、頂くの楽しみでした。

そのとき食べた三枚肉のチャーシューにチャレンジ
といっても、夜のうちに漬け込んで翌日オーブンで焼くだけです。



b0098620_9374338.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-11-23 09:39 | 料理 | Comments(3)

赤のブローチ

銀座四丁目の交差点から、阿曾美術を探して手こずると思いきや
何のことはない“カフェおはな”のひとつ上の階でした。

勧められて阪口鶴代さんの絵を観に行った帰り道
松屋の小さなコーナーで出会ってしまったブローチとその作り手

ひとつひとつに籠められた思いのようなものに
ついつい惹かれてしまうのです。




b0098620_832553.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-11-22 08:32 | 出来事 | Comments(2)

江戸の女

もしかしたら、江戸で生きていたことがあったのかも知れない
と、そんな錯覚に陥ることがあります。

私は大店の奥さんでもなくそこの女中頭でもなく
もちろん武家の奥方様でもない

腕のいい働き者の飾り職人かなにかの女房で
ひたすら日々の暮らしに追われているお気楽、後生楽な女


深川江戸資料館で「きっとそうだ」と確信しました。



b0098620_6572843.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-11-21 06:58 | 考える | Comments(12)