<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

サプライズパーティー

テーブルスタジオ・タキトーさんで
シェフはテキーラ協会会長の林生馬さん
還暦の会は美味しいメキシカンでした。

ここ赤坂は思い出がぎっしり詰った場所です。
「も~い~よ~」という時間までいた喫茶店のマスターは
私たちと思い出を共有してました。

充実していた50代は終わりますが
60代も一所懸命生きましょう。



b0098620_23547.jpg


皆さんにありがとう
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-02-28 23:15 | 宝物 | Comments(8)

愚息様

息子が台湾に出かけていたので
久しぶりに二人の金多楼でした。

仕込みも毎日長引いて
お昼ご飯も夕方近くなるというせつないことに!

役にたっていたのね~
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-02-28 01:31 | 金多楼 | Comments(2)

スノコ作り

男組みはスノコ作り

作ったのはたそがれさんで、ダーリンは手伝った、つもり?
私はお昼寝。



b0098620_0141141.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-02-27 00:14 | 出来事 | Comments(0)

coffee+pan   kusa

四人が横一列に並んでコーヒーを飲みました。
細長い窓の向こうではブルーベリーの剪定をしています。
見えないけれどその向こうは海です。

四人でいる幸せな午後




b0098620_22321822.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-02-25 22:33 | 出来事 | Comments(0)

ターメイヤさん

圧力鍋上級者?
一代目はフィスラー社のもの、今のは日本製です。
中華粽を作るのに欠かせないので、なくてはならない調理器具です。

今のものは重い重りと軽い重りがついているので
圧の調節が出来るのです。
もっと圧が要らない場合は昨日アップしたものを使っています。

圧力鍋は時間の短縮が出来、光熱費も少なくてすみますから
3人のお子さんのお弁当作りには強い味方になりますでしょう。
とは言えお野菜がくたくたになって美味しくなくなってしまったり
お肉の旨みもすっかり汁に出てしまって
お肉自体はかすの様な状態になりやすいので万能ではありませんね。
どなたかよいアドバイスを下さい。





b0098620_13494534.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-02-23 13:50 | 料理 | Comments(4)

赤ワイン煮

使い切ってしまった時のためにと
沢山のものを買い置きしていたのが今まで

最近、我が家の冷蔵庫は空っぽで
ワインビネガーと片栗粉は一週間も切らしたままでした。
なぜか気楽で気持ちがいい。

本日の賄い
牛カタ肉の赤ワイン煮withマッシュポテト




b0098620_1324065.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-02-23 13:06 | 料理 | Comments(2)

「圧力鍋、活用してますか」

と、プーさんのブログ

圧力鍋でイワシを煮た姑が、開けたら影も形もなかったのという
笑えるエピソードがあります。

時間に追われる私には味より速さが優先する時代がありましたから
これで三代目となる圧力鍋を持っています。

それとは別に
今活用しているのは弱(?)圧力鍋です。
ほどほどの圧がかかるようになっているので
大根などの野菜の下茹でが失敗しません。




b0098620_15361570.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-02-22 15:37 | 料理 | Comments(3)

オリーブのバッグ

春になって貴女がブラウス一枚で歩けるようになったら・・・




b0098620_15574668.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-02-20 15:57 | ライフワーク | Comments(4)

玄米ののり巻き

玄米を食べる事が健康の中心とする考え方と
お粥を食べて体調を整えようという考え方。

毎日お水を何リットルも飲む健康法と
出来るだけ水分を摂らないという健康法。

「ちっ、うるせぇなぁ」
と言いたくなるときもあります。





b0098620_17572491.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-02-18 17:59 | 考える | Comments(8)

うぶけや

ココシャネルの映画の中で
布地にハサミを入れていくシーンが残像しています。

素人の私はいい加減に切り始めて
「あちゃ~」なんてことが度々ですが
ハサミはうぶけやさんのを二本持っていて
交替に研ぎに出します。
裁断の時ワクワクするような切れ味です。

日本で一番有名なおすし屋さんは
こちらの包丁をお使いだと漏れ聞きました。



b0098620_17231969.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-02-17 17:23 | ライフワーク | Comments(4)