<   2009年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

茸鍋

松茸よりも何よりも食べたいと憧れていた
茸鍋を食べさせていただけるというので
早起きして中央道をひた走り小淵沢まで。

お替りを繰り返すこと数回
(どうぞ、誰も気づいていませんように)
至福の秋でした。

今年は秋の深まりが遅いので、
今日の雨、明日からの茸にとっては恵みの雨です。





b0098620_21551888.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-09-30 21:57 | | Comments(8)

くわばらくわばら

二十歳のお祝いも結婚のお祝いも
近しい人と近くのお店でする
ご近所さんのエリカちゃんに
報道陣が日夜張り付いている。

お店に入ってきたレポーターの方に取材はお断りしたのですが
隠しマイクを持っていたのでしょう
対応した息子の声がテレビから流れてきました。

マスコミは恐ろしいと思ってはいたけれど
思っていた以上に恐ろしいです。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-09-28 09:40 | 考える | Comments(2)

されど・・・

4月に引き直したパターンでスカートを裁ったら
何かの間違いかしら
確か大きめだったのが小さめに。

パターンを検証すること1時間
私が太っていたのです。

一日に私が食べる量なんて、たかが知れてる。
ダイエットなんて・・・・
たかが1キロなんだけど。



b0098620_15475338.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-09-27 15:49 | 料理 | Comments(4)

月餅

いつだったかの、今頃
香港からのお客さまに月餅をいただきました。
この時期にはそれぞれの店が様々な月餅を売るのだそうです。

塩たまごが丸ごと入ったのも、生臭くて辛かったし
どれもとても美味しいとは思えないようなものばかりでした。

いたずらな目で微笑んで
「ドウデスカ?ワタシハ、ニガテデス」と

A子さんが窓辺において行って下さった月餅
息子の淹れる中国茶と一緒にいただいて美味でした。


b0098620_212488.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-09-26 21:05 | | Comments(0)

がり

お祭りが終わり
梨や葡萄や栗が届けられ
そろそろ生姜がひねてきました。

冬の頃、外国からみえたお客様が
「ガリのバージョンが違う」
とがっかりされたように
後二度ほど塊で漬けた後は
薄くスライスしたものに変わります。

ガリ好きの方、今のうちですよ。



b0098620_12341615.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-09-25 12:34 | 金多楼 | Comments(8)

小ぶりのお茶碗

河岸のない日は、朝食をゆっくりと

小柱の炊き込みご飯が一膳飯では寂しいので
孫達が使っている小ぶりのお茶碗で二膳づつ

逆転唐草のお茶碗は
30年前に京都美術館の前の骨董屋さんで




b0098620_11561123.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-09-22 11:56 | 料理 | Comments(4)

タイ米

今日の賄いは
ソールフードバンコクで祭日ランチ
それぞれのメインに小ぶりのトムヤンクンと生春巻きがセットです。

タイ米は糖分が少なくサラリとしているので
ちょっとご飯は重たいなと言う時に
昨日の賄い、茄子カレーにもタイ米を添えました。

辛さを控えてもらったグリーンカレーの後は
タピオカのココナッツアイスも



b0098620_16105287.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-09-21 16:12 | | Comments(2)

家計簿

1975年9月20日の賄いは
昼は鳥の唐揚げに切り干し大根
夜はビーフシチューでした。

野菜の値段が思ったより値上がりしていず
舌平目やイサキ、鯨など最近食べていない献立が目立ちます。
春には必ず食べた飛び魚も最近は見かけなくなりました。


ポストに花豆の瓶詰めが入っていました。
何処の花豆よりも美味しい貴女の「花豆」



b0098620_074124.jpg

  
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-09-21 00:08 | 考える | Comments(0)

10月になったらシェフスに行こう

N子さんの美味しいは、潔いとか、清々しいとか ・・・
美味しいのその先にあるもの

シェフスと言えば上海蟹のチャーハンが食べたい私と
サラダにかかっているドレッシングが素晴らしいという彼女
そうきたか!って思いました。
 
麹町界隈で下が向けないほどお腹いっぱいになった後
神田須田町のアートブックショップという
手芸の本の専門店へ案内してもらい
桂と七海のための本を二冊買いました。



b0098620_13543871.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-09-18 13:56 | | Comments(2)

もくず蟹

酔っ払い蟹や、酔っ払い海老は食べてはいけない、と主人。
まき海老を生で食べたいお客様はお気の毒様。
うちでは反抗的な海老と戦いながら
朝のうちに全て茹でてしまいます。

頼んでおいた栃木のもくず蟹
じゃが芋を一個入れて茹でます。
このじゃが芋に竹串がすーっと通るのが
茹で上がりの目安です。



b0098620_12363991.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-09-17 12:37 | 料理 | Comments(12)