<   2009年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

確定申告

確定申告を終えても
いつものような開放感がありません。
何だか淋しい・・・
帰り道、リスドゥルと高橋さんの本を二冊買いました。

自己流でやっていたものを
改めて検証する事になるのです。
「ゲゲゲ・・・」
となることばかりが出てきそうです。

まずは天然酵母でリュスティックを焼きたいのですが


b0098620_1012797.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-02-28 10:14 | 料理 | Comments(2)

三水館の朝

主婦ですから
何もしなくても朝ごはんが出てくるというのが
何よりもの喜び、贅沢です。

雪に埋もれた八甲田ホテルで
ご満悦のyoshi-pooh さんにならって
「朝ごはん」はこちら

食後のコーヒーはサロンで飛んでくる小鳥を眺めながら
という憎い演出です。


b0098620_1062100.jpg



041.gif

温泉
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-02-27 10:15 | 思い出 | Comments(9)

鹿教湯温泉 三水館

何もかもが期待どおりのお宿でした。

b0098620_15213444.jpg


011.gif

夜ごはん
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-02-26 15:53 | 思い出 | Comments(2)

宿坊 徳行坊

一流ホテルのコンシェルジェのようです
との前評判どおりのご案内でした。
6時に起床、お朝事に向かいました。

善光寺様の本堂で一時間のお勤めは
吐く息も白い寒さの中でしたが
不思議な事に私の手は温泉につかっているように
ぽかぽかと暖かくなっていきました。

ダーリンが釘付けになった仁王様の足
こちらは「あ」

b0098620_22183156.jpg


011.gif

小布施 鈴花
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-02-25 22:19 | 思い出 | Comments(4)

カピ

教えていただいたとおり
バナナの葉はないのでフライパンで空焼きしました。
そのカピをナンプラでゆるいペースト状にして
桜海老や豚肉やネギと炒めてチャーハンにしたのですが
タイではご飯だけを炒めて
肉や野菜は混ぜながら食べるようです。

タイ米ではなく残り物の日本米だったので
少しもっちりの仕上がりでしたが
レモンをいっぱい絞ったレタスとトマトのスープを添えて
「☆☆☆」いただきました。


b0098620_1140035.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-02-22 11:43 | 料理 | Comments(2)

「あなたは猿です。」と出てきました。
たしかに動物占いの本では私は猿
載っている四コマ漫画には
おだてられた猿が一心不乱にミシンをかけてました。
こんなに当たっている占いは他にありません。

出産のお祝いからあっという間に時が過ぎて
K君が幼稚園入園です。
入園グッズを猿が縫うことになりました。

吉祥寺コットンフィールドで布地選びから

b0098620_8364670.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-02-21 08:38 | 考える | Comments(2)

料理教室

チェンマイには観光客向けの料理教室があるらしいと後で分かった。
タケハーナのママはこのツアーに参加
グリーンカレーなど4~5種類教えてもらったそうです。

私は興味津々市場を歩いたけど
さっぱり分からないものばかりの中から
カピを買ってきました。
これは小エビを発酵させて作ったもの
何処の国も似た様なものがあるものですね。

で、主婦自己流タイ風スープです。

b0098620_12434110.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-02-20 09:41 | 料理 | Comments(7)

蛯子麺のネギ炒め

誰もいない一人ご飯はチャンス到来
好物を心おきなく楽しんで食べます。

千切りにしたたっぷりの生姜と山盛りの長葱
予めお酒に浸しておいたトーチと
きっかり1分茹でた蛯子麺を炒めます。


b0098620_1756116.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-02-18 18:01 | 料理 | Comments(14)

知らぬが仏

にわか酒飲みにはワインも焼酎もその価値が分からず
頂いた森伊蔵も一晩で振舞ってしまった事があります。

再びの貴腐ワイン
価値を知ってしまった今は
コルクを抜くのも躊躇われます。

この日のためにあったのか~
オールドバカラでいただきました。

b0098620_19512032.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-02-17 19:54 | 金多楼 | Comments(8)

旬の握り

何十年も同じ魚をおろしていると
魚の上に手を置いただけで
美味しいかどうか分かるから不思議です。

美味しいお魚は硬くもなく、ゆるくもなく
肌がしっとりしていて
なんとも言いがたい感触が伝わって来るのです。

高級とつくような寿司屋では時期に寄らず
新子を出されるようですが
この時期、ナカズミに近いほど大きくなったコハダに
品のいい脂がのって美味しい寿司種の一つです。

b0098620_2154836.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-02-16 14:54 | 金多楼 | Comments(10)