<   2007年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

鹿の湯

先生はちょっと怒ったような顔をして待っていた。
知ってるよ、はにかんでいるんだ。
照れやなところはずっと変わらない。
[ハイ、行くよ~」
やっぱり先生のままだ。

U君の提案と先生のピストン輸送のおかげで
最高のお湯に入れました。
「ありがとう。」
手料理のお昼ごはん
「ご馳走様でした。」

b0098620_1731933.jpg


b0098620_1732991.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-09-30 17:37 | 出来事 | Comments(6)

きっと・・・

「きっと、ダメだと思うけど・・・」
友人は最初から諦めて電話をしてきました。

那須の温泉に一泊して
高校の担任と会いましょう、という計画です。
先生は那須で一人暮らし
学校に行けない子供達のために寺子屋をしています。

結婚をして38年間、旧友達との旅行はいつでも不参加。
それでも諦めずに声をかけてくれたけど行けないままに
一人は遠くに行ってしまった。

皆で行った卒業旅行から数えて40年ぶりです。
なかよしの彼岸花、見つけました。

b0098620_1245982.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-09-28 12:47 | 考える | Comments(6)

待ってるから

暮れのばたばたを乗り越え
お正月のばら寿司を作りきる頃
家族が又一人増えます。

瞳ちゃんはベビーピンクの毛糸で帽子と靴下を編んでいます。
「待ってるからね。」

b0098620_2145355.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-09-27 21:49 | 出来事 | Comments(14)

おはよう

一人で休日の朝ごはんを食べていたら電話が鳴りました。
「もしも~し、オハヨウ、野菜は何が欲しい?」

ダーリンは早くも那須に着いて、朝市の前でした。
途中のサービスエリアで朝食バイキングも済ませてのこと
随分と早起きで出かけたのです。

それにしても、お元気ですこと!

b0098620_213572.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-09-26 21:35 | 出来事 | Comments(7)

料理教室

赤坂にある「テーブルスタジオ・タキトー」さんにて
剛による料理教室が開かれ、私はアシスタントを務めました。

フレンチではシェイノさん、ロブションさん。
イタリアンではグッチーナさんなど有名どころが勢ぞろいなので
実のところ、無名の金多楼に応募があるかどうか疑問でしたが
生徒さんは15人ほどおみえになりました。

まあまあの出来だったのではないでしょうか。

b0098620_1551561.jpg


アイスワイン
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-09-25 15:55 | 金多楼 | Comments(10)

台風はこんなものも振るい落としましたが
お蔭様でふんだんに味わうことができたのです。

乾燥したものしか食べたことがなく
生で頂いた残りは煮たので、しばらく楽しめそうです。
美味しいものですね。

b0098620_22124563.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-09-24 22:13 | 出来事 | Comments(4)

お上は気まぐれ

どういう風の吹きまわしか
山車や神輿を警察署長の車が先導し
ミニパト二台が真ん中と最後尾についてきた。

酒は飲んではいけないというお達しを携えて。

b0098620_22481258.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-09-23 22:48 | 出来事 | Comments(6)

キャラメルコーン

今年は予算の都合で
キャラメルコーンになりました。



b0098620_234141100.jpg






×4

軽いけど、かさばることを忘れていました。
家中がキャラメルコーン。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-09-22 23:47 | 出来事 | Comments(4)

スモーク料理

業界紙には目を見張るような画期的な商品の紹介が沢山あります。
見れば見るほど食欲が衰えて
神経症になってしまいそうです。

昔、友人が汗水たらして作ったスモークサーモンは
生涯忘れることが出来ないほど美味しいものでした。

今はそんな労力もサクラのチップもいりません。
代わりに、さっさっさと入れるだけ
リキッドタイプ、オイルタイプ、パウダータイプetc・・・


杏とお砂糖だけで作った一昨年のジャムは
二年の時を経て熟成度を増し
また違った旨みが味わえます。

b0098620_13533935.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-09-21 13:56 | 考える | Comments(4)

表と裏

裏が表で、表が裏で
表裏がはっきりしていれば、問題はないのですが
何度も迷っての判断なのに
いつものことながら「裏が表」でした。

気づいたからといって芯貼りを始めてしまったので
途中で換えることは出来ません。
これから縫うジャケットは表裏があべこべ。

もしかすると洋裁をするにあたって
いちばん苦手なのは表地の判断かもしれないと
凹んでいます。

夜食
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-09-20 22:35 | ライフワーク | Comments(4)