<   2007年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

切溜

うきうきと[きりだめ]を出してきました。
30年ほど前に料理上手な先輩に誘われて買ったものです。
新米の主婦はせめてお道具だけは同じものでと思ったのでしょう。
その後、42歳の若さで倒れられ
言葉も手も不自由になってしまったその方ですが
お邪魔した時作ってくださった朝食は、なんでかやっぱり美味しかった。
彼女の手は旨手という手です。

b0098620_1126518.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-03-31 11:27 | 料理 | Comments(4)

太巻き

A様が例年通り太巻きをご注文下さいました。
代々木公園でのお花見です。
さっきまでの雨が嘘のように上がって絶好のお花見日和となりました。
30本の太巻きを巻いているうちに自分たちも食べたくなって
今日の賄いは巻き寿司になりました。

b0098620_12115820.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-03-30 12:13 | 金多楼 | Comments(11)

看板

自分のことは見えない、気がつかない。
気をつけているつもりでも見逃してしまう。
大切な看板がこんなにもくたびれていると思ったら
20年近い歳月が経っていたんですね。

b0098620_119931.jpg


b0098620_1192972.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-03-30 11:10 | 金多楼 | Comments(3)

屋台

一瞬にして咲いてしまった桜の下、沢山の屋台で賑わっていました。
こんな素敵な光景に遭遇しても買う側ではなく
売る側の視点になってしまうのは習性でしょうか。
許されるなら寿司の原点だった屋台を
ダーリンと二人で引いてみたいという夢があります。

b0098620_11591832.jpg


b0098620_124568.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-03-29 12:03 | 出来事 | Comments(8)

お願いの多い料理店

息子の話によるとサラリーマンらしき三人が
喫茶店のマスターにお店からつまみ出されたらしい。
失礼がいろいろ重なったのでしょうが
その中で一番共感したのは
カウンターの上に置いたビジネスバッグです。
テーブルは食事をするところ
時にはこぼれたご飯を拾って食べることだってあります。

さすがにうちではそういったお客様は一人もいません。
たまーにですけどHなどのバッグをどっかりと置かれます。
気持ちは痛いほど分かりますがやはりカウンター
「私が見張っていますからどうぞ後ろの台に。」
とお願いすると安心なさって置いて下さいます。

お店によっていろいろなお願いがあるようで
中華街でチャーシュー葱ラーメン315円を食べた店の張り紙です。
かっこの中にはドリンクでもけっこうです。と書いてあります。
ウーロン茶、ジャスミン茶200円でした。

b0098620_1565223.jpg


夜はこの店でテイクアウトした豚の耳と同發のチャーシューで。
とっても美味しい耳に瞳ちゃんは感動!
紹興酒がすすみました。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-03-28 15:18 | 出来事 | Comments(2)

横浜美術館

渋谷から東横線特急でみなとみらい駅まで25分たらず
地上に出るとそこが横浜美術館でした。

b0098620_1444190.jpg

版画に惹かれての苦手な美術館行きでしたが
大きな会場に人影はまばらで贅沢な時間が過ごせました。
浮世絵もエッチングも素敵でしたが興味は暮らしの中の版画。
刷物の引札でした。
深川の料理屋の案内。
御得用たび型。
これなどは現代の実物大型紙とまったく同じで
子供のサイズから大きいものまでが一枚に刷ってありました。
[PR]
by kintaro-Sushi | 2007-03-27 15:02 | 出来事 | Comments(10)

通園バッグ

Setsuko's Spring Collection 2007
~Kids Version~


tomiちゃんちの通園バッグ

b0098620_17305036.jpg


空の通園バッグ

b0098620_1732865.jpg


七海の学童用お弁当バッグ

b0098620_17333821.jpg


眠っていた沢山の残布が生まれ変われました。
これにて一件落着。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-03-26 17:35 | ライフワーク | Comments(10)

瓢亭

中央道で韮崎より先へお出かけの際はお立ち寄り下さい。
韮崎インターから30秒の蕎麦屋、瓢亭です。
怖そうで怖くないご主人といつもきれいな女将さんと
息子さんの三人でピカピカの厨房にたっています。

山梨の蕎麦屋にはなぜか鶏モツがあります。
甘辛の炒り煮で、東京の蕎麦屋の焼き鳥と同じ感覚です。
父子で考え出したつつじそば
桜エビのあげたのが沢山入ったおろしそばです。
つつじの山として有名な近くの甘利山のイメージです。


b0098620_993941.jpg


メニューにないものですがこんなものも出てきました。

b0098620_9191472.jpg

b0098620_92345.jpg

器は甥吉田 明さんのものです。
三島、粉引き、刷毛目などなど。
吉田さんは現代陶工100人の一人として活躍なさっています。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-03-26 09:28 | | Comments(15)

追加注文

雨が上がったので下北沢まで買い物へ
お三時に入ったお店のテーブルにありました。
「当たり前だよねぇ」
コーヒー一杯で何時間もいるお客ばかりだったら
たちまちお店は潰れちゃうよ。

余談ですがうちでの最長記録は7時間でした。

b0098620_16163594.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-03-25 16:17 | 出来事 | Comments(5)

うこっけい

隣の家ではニワトリを飼って生計をたてていました。
私が生まれ育った板橋でのことです。
生卵を食べる朝は、私が卵をとりに行きました。
生まれたばかりの卵はほわっと温かく
とさかの赤も,雛の黄色も,真っ白な羽も大好きなものでした。

うこっけいに出会って卵よりもその姿にすっかり心を奪われてしまった。

「かっこいい!」

b0098620_051123.jpg





b0098620_16274365.jpg

askaさんのバッグ
みこみは濃いブラウンのギンガムチェック


Setsuko's Spring Collection 2007
             ~Bag Version~

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-03-24 00:52 | 思い出 | Comments(7)