<   2006年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

石黒宗麻呂

昨日の金多楼は随分とにぎやかでした。
9席しかない店に13人のお客様が次々みえて下さり
浜本先生の個展の成功を祝う会の方達は終始ご機嫌でした。
寿司は晴れの食べ物ですからお祝いをご一緒させていただくことが多くあります。
誕生日、結婚記念日、合格祝い、快気祝い、お宮参りなど、嬉しくて楽しい商売です。

いつものようにおすしの後のお茶会はA様がお持ちになった宗麻呂のお茶碗で。
美術館のガラスの向こうにしか見ることの出来ない貴重なお茶碗が
金多楼に存在した夜でした。


b0098620_9243447.jpg

              お菓子は岬やさんの残菊


今回の個展で求めた小鉢には蛸のさくら煮を盛ってみました。

b0098620_9223539.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-10-31 09:06 | 金多楼 | Comments(1)

仲宿

認知症の父が先週の月曜日に入院しました。
抗生剤の点滴を受けるためだったのですが父は入院も点滴も理解できませんでした。
付き添っていた妹は情けないやら切ないやら。
やむなく翌日の夜には半ば強引に退院させてもらいタクシーで実家に。
とるものもとりあえず降りしきる雨の中タクシーを降りた時、父が私に言いました。
「お釣りはもらったか」  ああ~~

b0098620_13533525.jpg

江戸四宿のひとつ 板橋宿の中の仲宿に板橋があります。
中仙道を横切る石神井川に架かっています。
ここから1分の所に子どものときにお世話になった清水医院があり
3分の所にお寺が5分の所に実家があります。
ここが私のふるさとです。
b0098620_14115984.jpg





    七海と空がお見舞いに行ってくれました。
    こんな時は好物でも食べるしか手はありません。        
    うな重が出来上がるまでみんなでしりとりして遊びました。  
 
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-10-30 14:15 | 出来事 | Comments(3)

ビジィ デイ キャセロール

ペンシルベニアにあるアーミッシュの村を訪ねた時
料理の本を二冊買って帰りました。
その中にビジィデイキャセロールというワンポットのお料理が載っていました。
その名の通り農作業などで忙しい日にストーブに掛けておくだけの料理です。

うちのビジィデイキャセロールはこれです。
鶏のお腹にもち米やクコの実、なつめなどを詰めたっぷりの水で
火にかけておくだけです。味付けもしません。
食べる時に塩、コショウ、パクチー、千切りの生姜などで味つけして食べます。

b0098620_2323373.jpg

             昨日は仕事も私事もいっぱいいっぱいで何とか無事に一日を終えました。
             こんな日は本当に助かる簡単でほっとする料理です。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-10-29 08:15 | 料理 | Comments(6)

あうん

唐津の浜本洋好先生の個展が新しくなった黒田陶苑さんで始まっています。
沢山の焼き物が並ぶ中で呼び寄せられるように即決した小鉢は
先生が金多楼をイメージしていて下さった器だったらしいです。

b0098620_1535959.jpg


                 I家がお求めになったお茶碗ふたつ


b0098620_158917.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-10-28 15:08 | 出来事 | Comments(0)

パスタ

我が家では長いことパスタ料理が禁止でした。
給食のスパゲッティのほうが美味しいらしいと分かってからは自粛していました。
ある時テレビの料理番組を見ていたら、パスタを茹でる時の塩の量。
しっかり入れるんですね。
そうしないとソースがパスタに絡まないなんてこと知りませんでした。
昨日の夜食は
タリアテレ(ほうれん草入り)のきのこのクりームソース

ダーリンは美味しいを連発してくれたけどごめんね。
パスタの賞味期限は前日までだったの。(これ秘密)

b0098620_13302381.jpg

ワインはいただきもののシャブリのVaillons。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-10-27 13:31 | 料理 | Comments(5)

ゴルゴンゾーラ

孫二人が通っている新町保育園から
{日ごろ お世話になっている、おじいさんとおばあさん方と
子どもたちが楽しい時間を過ごしていただきたく、ご案内申しあげます。}
という招待状をいただき行ってきました。

はいお世話させていただいています。

b0098620_1444421.jpg


昨日も空から「いかのあげたのたべにいくことにきめました」
という電話がありました。
イタリアンを食べに行きましょうということです。

                  
b0098620_1484432.jpg

               七海と空の大好物 ゴルゴンゾーラのピッツア蜂蜜かけ


このほか、カラマリの揚げ物、シーザーサラダ、パスタ2種を4人でシェア
どちらかというと子どもたちの方が沢山食べました。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-10-26 14:17 | Comments(13)

今度こそは

生地を買う時、今度こそはと決意します。
裁断の時もミシンを踏み始めた時も今度こそは上手く出来ると。
シンメトリーなものをシンメトリーに作るのはとてもむづかしいということが分かりました。
襟しかりポケットしかり、人の目は精巧にできていて、たった1ミリにも違和感を感じるのです。
これでもか、これでもかとブラウスを20枚程縫ったらできました。
右と左がほぼ同じ襟が。

b0098620_16131091.jpg
b0098620_16133254.jpg


おおさわぎで授業を終えて、今はやりの讃岐うどんやへ
あつかけうどんは会計を終えてから自分で蛇口をひねって
うどんの入った丼にお汁を入れます。
おばさん軍団はここのセルフサービスのおもしろさとゲソ天が気に入ったようです。
私はあつかけの小になつかしいちくわの青海苔揚げと煮たお揚げで490円でした。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-10-25 16:26 | ライフワーク | Comments(6)

丘みつ子と動物達

丘さんの[灯り取り・作陶展]へ。9月30日のリベンジです。
すっかりご自身の作風を確立なさった作品(生意気な言い方ですね)
ご本人とも久しぶりだったので盛り上がってしまいました。
いつもやさしくてチャキチャキなおかみっちゃんからパワーをいただきました。

b0098620_2318773.jpg




b0098620_23243854.jpg
          ぐい呑みまでいただいてしまって
          いいんでしょうか。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-10-24 23:34 | 出来事 | Comments(5)

中国パセリ

久しぶりのマナガツオ
食べ方は迷わずこれ!
私の料理帖には真奈鰹の中華風揚げ物  昭和57年11月16日と書いてあります。
転勤先の香港で習って来た友人から伝授してもらいました。

b0098620_1421847.jpg

下味をつけておいたマナガツオを炒め揚げにして中国パセリをのせ
合わせ調味料を熱々にしてジュっとかけます。
小さい子どもたちも大好きな一品でした。

中国パセリ=シャンツァイ=パクチーです。
当時は手に入りづらい食材のひとつで、このメニューの泣き所でした。
パクチー好きの方にお奨めです。
マナガツオの代わりに太刀魚でも作ります。

合わせ調味料    オイスターソース 醤油 酒 砂糖 ごま油が同割り          
             ニンニクと生姜のみじん切り コショウ少々 スープ適量



☆外は寂しい秋の雨が降っています。
  お客様との約束の時間までのひととき、金多楼の3人は気持ちをアップさせていきます。
         矢沢のアルバム STAND・UP を聴きながら。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-10-23 14:11 | 料理 | Comments(5)

土蜘蛛

店のつわ蕗に蕾が立ち上がって来ているのを見つけました。
この花が咲き出すと秋が深まっていくのを実感します。

b0098620_16152486.jpg

つわ蕗の陰のやぶこうじの根元に土蜘蛛の巣も見つけました。
子どもの頃、私は土蜘蛛採りがだーい好きで
木の根になりすました蜘蛛の巣を見つけたら嬉しくて仕方ありません。
私はそこに這いつくばって蜘蛛と駆け引きです。
そーっとひっぱたり、ゆるめたり、私が勝てば袋が引き抜けて
中のつるんとしたかわいい土蜘蛛が手に入ります。
今になって思えばこれは針にかかった魚とのやりとりとよく似ています。
採った蜘蛛はしばらく愛でた後リリースしました。

b0098620_1618476.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-10-22 16:20 | 思い出 | Comments(5)