<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

お知らせ

コンピューターが壊れました・・・修理に出していますので、しばらくお休みです・・・。
b0098620_1146135.jpg


って、このブログをアップしてるのは・・・娘の私です。
うちの両親は、あまり海外旅行をしませんが・・・・母の親友や私がいたNYには沢山行っています。
何回行ったことがあるんだろう・・・・最低3回は行ってるよね?!すごい。
このブルックリンを一緒に歩いたことは、私にとって忘れられない思い出です。
って、あ、これ私のブログじゃなかったぁ。^^;
[PR]
by kintaro-sushi | 2006-07-21 11:48 | Comments(1)

オセロ

ただいま 無事帰ってきました。
私と七海のやじきた道中は東横のれん街で「シュウマイ弁当をゲット」から
始まりました。
心配症の私は1時間前に東京駅に着いたのですが待合室でオセロに興じるあまり
出発時間ぎりぎり!「キャー」ホームまで弁当ふりふり2人で走りました。
評判の病院は野戦病院のごとく看護師さんと患者と愛であふれていました。
私たちはほとんどの時間と体力をこの病院と旅館でのオセロに費やしました。
その戦いのすさまじさを七海のこの様子から御推察ください。
b0098620_20524899.jpg

                    はやてにて出発
b0098620_20533234.jpg

                    
b0098620_2054381.jpg

                   八戸の新幹線の待合室で
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-07-14 20:54 | 思い出 | Comments(4)

青森

明日から七海と2人で八戸に行ってきます。
何日間か行ってみないと分かりません。
しばらくブログはお休みです。みなさんお元気で。


b0098620_15115671.jpg

           ロサンゼルスではばーばが製作したこのケープは役に立ちました。   か?
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-07-09 15:03 | Comments(2)

まだまだ

お待たせしています。期待の新子はもう少しお待ちください。
その代わり先だって高値で話題になった鰯が美味しく仕込んであります。
もちろん正当なお値段ですからご安心を。
 

b0098620_1337431.jpg

             主人ががんばったジャムが仕上がりました。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-07-08 13:39 | 金多楼 | Comments(2)

さようなら

神様 昨日と同じ日でいいです。
明日も今日と同じ日でいいです。
朝ごはん食べて、昼ごはん食べて、夜ごはん食べて。
特別いいことなんてなくてもいいです。

知っています。
道は上り坂もあれば、下り坂もあれば、曲がり道も分かれ道もあるということを。
だからお願いです。同じ日を。

松見坂を通ってもあのブタはいません。
池ノ上の駅を降りてもマリエールのケーキはありません。
マリエールのママもいません。

金多楼のお寿司が大好きと言ってくれたあなた、怒った顔して食べ続けたあなた。
あなたの作ったやさしいケーキが好きでした。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-07-07 19:32 | 思い出 | Comments(0)

戦利品その2

ひょんなことから深川富岡八幡近くの居酒屋へ繰り出しました。
池波さんの本の中ではたたきに酒樽を裏返しただけのいっぱい飲み屋で
いも酒を飲む。といったシーンがありますが現代でもビールのケースを裏返したものに
板を張った椅子で芋焼酎を飲むのですからほとんど一緒です。
たまたま入った居酒屋さんが特別な日だったらしく鮪の解体ショーありビンゴありで
こちらもすっかり盛り上がり呑みました。
鮪の体重当てでは誰も当たらず、下ろしたカマを700円で競り落として焼いてもらい
美味しかったー。
ビンゴで1升びんのキクマサムネをもらった主人はそれを抱え、私ももらったエビスビールを
6本も下げての帰宅。これがよく言う「欲と2人連れ」でした。
7人のメンバーはそれぞれの戦利品を抱えて第1回目の門仲ツアーはほぼ成功(盛況?)に
終わりました。みなさんお疲れ様でした。
b0098620_14132444.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-07-06 14:13 | Comments(1)

お櫃

注文しておいたお櫃が届きました。
「木曾サワラ地びつスリ漆塗り」とは注文の時のお名前。
しゃりを美味しく保つのは悩みの種で、いろいろな商品がありますがどれも納得がいきません。
白木のおひつが余分な水分の吸収率も見場もいいのですがどこのおひつを見ても
黒ずんでしまっていて 「よくないなー」って...かといってうちのジャーなんて論外
だし...で相談の結果これにチャレンジです。
うちでは新しいものを使い始める日は暦を見て決めます。
大工だった義父に習ってしていることですが今回は9日の日曜日にしようかなと考えています。
ちなみにこの日は(斗)
何事も平穏にして吉日なり中にも井戸をほり倉庫(くら)を建て新たに着物を裁ち
又は家屋を造作すれば財宝を得生涯安泰なりと云ふ
という日です。

b0098620_10273626.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-07-05 10:08 | 金多楼 | Comments(1)

杏ジャム

汗がぼたぼたたれる頃になると杏のジャムを煮なくてはと八百屋の店先が
気になりだします。今日河岸のやっちゃ場で山形3号というジャム向きの杏が
手に入りました。
毎朝トーストでいただくために1年分の杏ジャムを仕込むようになってから
30年近くなります。
特にこの銅鍋が来てからは1度に大量の杏が煮れるのでついつい杏を買いすぎて
しまいます。
6年前のこの時期に私は渡米しており、それからというものすっかりこの仕事は
主人のお気に入り、私を寄せ付けないのです。
b0098620_15553170.jpg

b0098620_15561194.jpg





b0098620_1610999.jpg

                           tasogare54さんへ
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-07-04 15:56 | Comments(3)

魔法の瓶

名前はありません。うちの子になってから10年はたっています。
三宿商店会の夏祭りの売れ残りです。
数えきれないほど飛び出して死にかけました。
一番最近は朝ドアを開けたらあたり一面血の海で干上がっていました。
でも瓶の中で息を吹き返しました。不死鳥のようです。
水は水道水、氷がはっても平気です。
時々大量の卵を産みますが1人ものなので不憫です。
いつぞや東海大学の調査に協力してお礼状をいただきました。
「金魚釣りの金魚のその後」についてという内容でしたが何十年も生きているという
つわものがわんさといたらしいです。これはその時送った写真です。
朝、河岸に行く主人に餌をねだる彼女の仕草はなかなかのものがあります。

b0098620_20291166.jpg

        彼女が住んでるこの瓶は「民芸館行き」と大野屋さんが太鼓判を押した代物。
        そのせいかもしれない。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-07-03 20:34 | 宝物 | Comments(2)

感謝

私たち家族全員の宝物があります。
私たちはこの宝物に守られていると感じています。
あなたが訪ねて来なくなってから1ケ月以上にもなって諦めかけていたその日に
(多分病院から)帰ってきてくれましたねチャーチャン。
あなたはどの猫よりも気高く雄雄しく愛らしく猫らしい猫です。
あなたのおかげで家族が仲良く息災に暮らしているとみんな思っています。
あなたの肩が重そうに見える日もあります。
自分たちの幸運をあなたにばかり頼っていることを申し訳なく思ってもいます。
あなたをみているとまるで落語の「猫の恩返し」のようです。
辛くて残念だけどあなたの命がそう長くないことをみんな分かっています。
良く出来たあなたはわたしたち家族に覚悟ということを教えようと頑張っているようにも
思えます.................................。
なにはともあれ今日があなたにとって健やかでありますことを。

b0098620_1075753.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-07-02 10:22 | 宝物 | Comments(2)