カテゴリ:宝物( 99 )

空 七海 ばば

不忍池に突き出たデッキでお弁当を食べていると
蓮の葉の上を渡ってきた風が冷たくて
ここはどこ?というほど心地よい日でした。

今日は爬虫類館をメインにしたので
朝一番の人のいない頃
アナコンダやニシキヘビをスケッチしたり
昼過ぎにトカゲやボールニシキヘビとふれあって
帰り際にも爬虫類館へ
堪能しました・・・私




b0098620_2064153.jpg


苦手な方は見ないで下さい
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-06-13 20:10 | 宝物 | Comments(2)

子供は天才

まだ二才にならない七海が
友人宅のリビングにかけられた絵を
「ゴッホ」って言いました。
よく似たゴッホの絵をテレビで観ていたのです。

メールに送られてきた写真は
桂画伯の「虹」だそうです。

子供は興味深い生き物です。




b0098620_9134267.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-06-07 09:15 | 宝物 | Comments(4)

ご飯かパンか

Aちゃんが二日がかりで煮上げたきゃら蕗のお土産は
とてもとても嬉しい。

Mちゃんのお土産はジャム。
マーマレードとマーマレード&苺のジャムです。

ご飯を炊くのとパンを焼くのが待ち遠しい。




b0098620_17195638.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-06-06 17:20 | 宝物 | Comments(2)

再び×2

高校時代の女友達と行く
4度目のおおるり観光は草津温泉でした。
いつものように池袋から草津までのバス代と
一泊二食付きで¥5600です。

テラスからは懐かしい天狗山のゲレンデがすぐそこに見え
こぶこぶの林間コースをリズミカルに滑って行く
幼い息子の後姿がよみがえりました。

どぶろくを二本、温泉卵を20個
アーリーレッド、蕗、蒟蒻、高原豆・・・
あまりの重さに今回も後悔しきりでした。





b0098620_22181730.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-05-29 22:20 | 宝物 | Comments(4)

ヒマラヤ

「いってきます」
「いってらっしゃい」

普段は当たり前のこの挨拶が重すぎて
どちらも、ぎくしゃくした感じを隠し切れません。

「ただいま」
「おかえりなさい」

貴方が無事に山から帰ってきてくれるだけで
とっても嬉しいのに

お土産ありがとう。




b0098620_17402485.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-05-14 17:44 | 宝物 | Comments(0)

お仕立券

お金なんて貯めちゃだめだよ
あれはただの紙切れだからね。

家買うためにあくせく働く事はないよ
体壊しちゃうからね。

姑は私に言った言葉通りな~んにも持っていなくて
タンスも押し入れも空っぽだったけど
大好きな歌舞伎に出かける時は
どうしてなかなかの奥様ぶりでした。

その姑に一番似ているといわれる裕子から
ケイズパパのお仕立券というナイスなプレゼント




b0098620_11262114.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-05-11 11:27 | 宝物 | Comments(2)

シャポ-ルージュ

二年前、ダーリンに
「還暦のお祝いは盛大にやりますか?」と聞いたら
そっとやり過ごしたいという返事だったので
娘が赤いスニーカーをプレゼントしてくれただけでした。

私には「是非、赤いパンツを」
と、主張された方もあったようですが
モラセスさんの作った赤い帽子をいただきました。

シェフの息子さんのそら君が
かぶってみたいと申し出てくれたので・・・



b0098620_1682821.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-03-01 16:10 | 宝物 | Comments(2)

サプライズパーティー

テーブルスタジオ・タキトーさんで
シェフはテキーラ協会会長の林生馬さん
還暦の会は美味しいメキシカンでした。

ここ赤坂は思い出がぎっしり詰った場所です。
「も~い~よ~」という時間までいた喫茶店のマスターは
私たちと思い出を共有してました。

充実していた50代は終わりますが
60代も一所懸命生きましょう。



b0098620_23547.jpg


皆さんにありがとう
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-02-28 23:15 | 宝物 | Comments(8)

不動明王さま

単身ニューヨークへ渡った娘の無事を祈るために
目黒不動に月参りをはじめてからかれこれ15年
娘はとっくに帰ってきたけれど
心配ごとや悲しい事があるたびに、本堂に座ります。

病気で作陶を休んでいる自然坊さんが
不動明王を二体仕上げ
その一体が海を渡って大阪まで来ています。

「剣が折れるかもしれないけれどボンドでつければいい」
とは、彼らしい。


b0098620_1081150.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-08-22 10:08 | 宝物 | Comments(4)

10000匹のチャリティ・ベア

クマを作った方も作らなかった方も
どうぞ、六本木アクシスビルの4Fにお出掛け下さい。

言葉も時間も忘れるほどの光景が広がっています。
皆さんが楽しんで作ったクマ達10000匹

ここにいるだけで幸せな気分になること請け合います。


b0098620_2142436.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-12-12 21:50 | 宝物 | Comments(11)