カテゴリ:宝物( 99 )

全員集合

みんなでうさぎやさんのどらやきを食べていたら・・・

b0098620_23555255.jpg


美味しくて楽しくなって
こんなものが出来上がりました。
みなさんどうぞこれからもよろしく
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-11-04 00:03 | 宝物 | Comments(9)

佐伯泰英

私のしあわせの素はこの人です。
大好きな作家たちが次々と亡くなってがっくりしていた時、同じチャンバラ好きの
S君が紹介してくれました。
佐伯さんは池波さんのように同時に何本もの本を書いています。
ところは江戸です。
それぞれの主人公に寄り添う女性とその二人を取り巻く人々の思いやりや
心使いが私をしあわせにしてくれます。
時々本棚の入れ替えに来てくれるS君、出版されて四日で届けてくれたんだね。
アマゾンみたい。感謝感謝です。
b0098620_13393896.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-09-29 13:43 | 宝物 | Comments(3)

魔法の瓶

名前はありません。うちの子になってから10年はたっています。
三宿商店会の夏祭りの売れ残りです。
数えきれないほど飛び出して死にかけました。
一番最近は朝ドアを開けたらあたり一面血の海で干上がっていました。
でも瓶の中で息を吹き返しました。不死鳥のようです。
水は水道水、氷がはっても平気です。
時々大量の卵を産みますが1人ものなので不憫です。
いつぞや東海大学の調査に協力してお礼状をいただきました。
「金魚釣りの金魚のその後」についてという内容でしたが何十年も生きているという
つわものがわんさといたらしいです。これはその時送った写真です。
朝、河岸に行く主人に餌をねだる彼女の仕草はなかなかのものがあります。

b0098620_20291166.jpg

        彼女が住んでるこの瓶は「民芸館行き」と大野屋さんが太鼓判を押した代物。
        そのせいかもしれない。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-07-03 20:34 | 宝物 | Comments(2)

感謝

私たち家族全員の宝物があります。
私たちはこの宝物に守られていると感じています。
あなたが訪ねて来なくなってから1ケ月以上にもなって諦めかけていたその日に
(多分病院から)帰ってきてくれましたねチャーチャン。
あなたはどの猫よりも気高く雄雄しく愛らしく猫らしい猫です。
あなたのおかげで家族が仲良く息災に暮らしているとみんな思っています。
あなたの肩が重そうに見える日もあります。
自分たちの幸運をあなたにばかり頼っていることを申し訳なく思ってもいます。
あなたをみているとまるで落語の「猫の恩返し」のようです。
辛くて残念だけどあなたの命がそう長くないことをみんな分かっています。
良く出来たあなたはわたしたち家族に覚悟ということを教えようと頑張っているようにも
思えます.................................。
なにはともあれ今日があなたにとって健やかでありますことを。

b0098620_1075753.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-07-02 10:22 | 宝物 | Comments(2)

うつわ

b0098620_1792532.jpg

中川自然坊さんから奥高麗の徳利が届きました。堂々としたその姿に魅せられました。
この頃彼が焼く奥高麗のお茶碗や絵唐津に舌をまいていた主人ですが我が家が買い求めた
のはぐい呑み、それに合った徳利をプレゼントして下さったのです。
申し訳なさが先にたってお礼の言葉が見つかりません。


b0098620_17391679.jpg

熱も下がってやや元気になった主人が金つぎをはじめました。
田中左次郎さんの盃や頼まれものの塚本治彦さんの器です。
まずはかけてしまった場所をパテで補修するという作業です。
主人の金つぎのおかげで思い出の器や大好きな器たちが
また違った魅力で生まれ変わります。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-06-30 17:40 | 宝物 | Comments(1)

戦利品

昨日は思い立って私がいま一番好きな場所に行って来ました。
日暮里繊維街、駅を降りて暫く歩くと両側に生地屋さんが並んでいます。
いつも行くお店5~6件を覘いてお目当てのものを探しました。
今日の一番は洒落た裏地が2種類かな。
バッグを縫うためのリネンもイタリアのチェックや綿麻のストライプなどが
手にはいりました。
渋谷から日暮里までの間、本もたっぷり読めたし、日暮里に行ったら是非にも
寄りたいお蕎麦屋さんでせいろも食べました。パーフェクト!
b0098620_2161216.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-06-28 21:06 | 宝物 | Comments(2)

がんばれ

ワールドカップの時は想定の範囲を大きく超えて商売が不振です。
他にもいろんなことで金多楼寿司は全員めげています。
b0098620_8345196.jpg

5年ほど前の夏、記録的な日照りで、暗渠にした川の上に盛り土をして植えた山桜の木が枯れそうにになりました。間が悪く怪我で休業していたため前を通らず気がつくのが遅れてしまいました。水不足の折り公園の水を使うのははばかれ、朝晩せせらぎの水をバケツリレーで運び、がろうじて生き残りましたが、その体は5分の1になってしまいました。
その時までその木が、仕事が上手くいかないときも病気のときも河岸の行き帰りに主人を励ましてくれた大切な木であることを知りませんでした。
今年も咲きましたね。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-06-20 09:23 | 宝物 | Comments(2)

道具立て

持分の仕込みとお昼ご飯の仕度を慌ただしく済ませ新宿に向かいました。
パターンの授業が1時から始まります。
洋裁を習っているうちに訳もわからず線を引いて悪戦苦闘です。
平面⇒立体(布⇒洋服)
面白いけどむずかしくて、毎回落ちこぼれになります。微妙な線を引くのに
こんなにも沢山の定規があることを知りました。
b0098620_2014899.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-06-19 20:15 | 宝物 | Comments(1)

ひかりもの

私は小さい頃ひかりものが大好きでした。
玩具のネックレスとか指輪とか。
すし屋の女房になってからは
小肌や鯖といったひかりものとのかかわりが 忙しくて
お洒落とは縁遠い毎日でした。
貴女に会うまではね。
素敵なものを次々作ってしまう貴女のおかげで
ちったあ洒落た老後が送れるかな?
b0098620_15405450.jpg

             7歳の時買ったイヤリングです。

b0098620_15434956.jpg

             ”mebae”ちゃんに作ってもらったブローチとネックレス ドーダ
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-06-15 15:34 | 宝物 | Comments(3)