「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:思い出( 96 )

オー・ミラドー

夫の幼馴染は私の親友
この子が娘のお腹にいるときも
ロサンゼルスまで行ってくれています。

こんなに大きくなって感無量のばあば二人です。



b0098620_16163524.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2016-07-16 16:20 | 思い出 | Comments(2)

店の名はエス・ワイル

ミセスに見つけたそんな記事
清野恵理子さんが書いてくださいました。

もう食べることが叶わないモンブラン・オ・マロン
マロンシャンテリー

和三盆で作ってみました。


b0098620_13334885.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2015-11-06 13:34 | 思い出 | Comments(0)

忘れちゃうほど時は流れて

「このネクタイ、ハロッズのだった」
何言ってんの一緒に買ったじゃないの。
「俺、イギリスなんか行ったことない」

そういえば一緒に買ったのはニューヨークのティファニー
これは娘と二人で選んだお土産でした。

どちらにしても忘れちゃうほど前のこと



b0098620_14561740.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2015-05-21 14:58 | 思い出 | Comments(4)

TGV

マレーシアではクアラルンプールからイポーまで
ETSという特急に乗りましたが
パリではリヨン駅からディジョン駅までTGVに乗って
快適な列車の旅を体験しました。

車窓の向こうは一面が菜の花畑と麦畑
牛や羊が草を食んでいる絵のような風景でした。

昨夜も旅のメンバーがそろって思い出話に
「たのしかったねぇ」が繰り返されてました。



b0098620_8435180.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2013-07-29 08:44 | 思い出 | Comments(2)

約束はひとつだけ

まだ若すぎる二人の結婚を快く許してくれたのだから
私は貴方の両親を貴方は私の両親を大切にしましょう。

スタートした結婚生活は平凡でもあり非凡でもあるような
あっという間の43年でした。

今日もいつもどおりの賄い飯で
筍ごはん、アジフライ、アマドコロの酢味噌和えです。

「春ですね~」



b0098620_11405749.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2013-04-15 11:41 | 思い出 | Comments(6)

ジーテンさんでランチ

ジーテンさんで
「金多楼のおひるごはん」を思い出しました。

定食屋をやりたいという私を夫と息子が手伝ってくれて
忙しくて楽しい毎日

今頃だと献立は
鰤のお刺身にひじきの煮つけ
卵焼きに白菜漬け、大根のお味噌汁・・・・・かな





b0098620_15122681.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2013-01-18 15:17 | 思い出 | Comments(0)

カンタンのバター

今は亡き加藤さんがパリから抱えてきてくださったラデゥレのマカロンを
居合わせたお客様と目を丸くして食べたあの日の夜
あれ以上美味しいマカロンをまだ食べたことがありません。

Y子さんがパリから抱えてきてくださったのはカンタンのバター
田舎パンにのせて香りを楽しみました。




b0098620_922456.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-12-01 09:23 | 思い出 | Comments(2)

わさび日記

ブログを始めてから三年日記を止めてしまったので
ブログは我が家の貴重な記録になっています。

時々広げてみると、幼かった子供たちが
もう少し若かった私たちが記録されていて面白いです。


b0098620_11201785.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-05-30 11:20 | 思い出 | Comments(6)

一生もん

「空は僕のもうひとつの命」

別れが辛いお二人さん




b0098620_82534.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-03-28 08:25 | 思い出 | Comments(2)

若竹の庄

朝の露天風呂は小雪が舞っていました。

朝風呂と朝ごはんは・・・ごくらくごくらく


b0098620_2352525.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-03-21 23:52 | 思い出 | Comments(0)