ダ・カーポのお父さんへ

お別れなのですね。

あの日、「快気祝いも金多楼で」って言ったじゃないですか。
「ガリが美味しい」って元気で沢山食べたじゃないですか。

この数日いろんな事、思い出していました。
金多楼を貸し切ってやったお寿司屋さんごっこ
20年以上も前のことです。
貴方が一番上手じゃないと誰かが言ったら
奥さん本気で気を悪くしてました。
愛されているのねと
カウンターの外で主人も私も苦笑い。


突然、たい焼き屋のお父さんになって
とんでもない、たい焼き焼いて
たい焼き苦手な私が
「美味しい、美味しい」って
店先で3個も食べてしまいました。

鯛玉の胡椒は、容赦がなくて
孫達は「辛い、辛い」って
泣きながら食べてましたよ。
秋の鯛うどんのサプライズは
なんだったのでしょうか。

「お夜食、食べに寄りませんか」って
電話してももう来てもらえない
一緒に御飯食べられないのですね。


サプライズ大好きだった岩城さん
「又、会う日まで!」
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-09-07 23:09 | 金多楼 | Comments(4)
Commented by youme at 2008-09-09 04:28 x
色々お世話になりました!

お父さん、究極のサプライズやってくれましたね!

まだ混乱しています
写真に話しかけてる自分がいます
大泣きすることも出来ません

近々伺いますね!
Commented by たつや at 2008-09-10 00:01 x
お通夜のお寿司、本当にありがとうございました!
亡くなる数時間前まで「快気祝いは金多楼さんだよ!」って耳元で語りかけていたのに。
たくさん遊んで、たくさん笑って、たくさん美味しくて・・・
そういうのを私たちの世代で受け継いで行かなきゃいけませんね。
今後とも「悪いようにはしないから」の精神で!
Commented by Kintaro-Sushi at 2008-09-10 07:00
youme さん
術後の体力回復の事を考えると
9月1日にお店を再開する事には一抹の不安を感じてましたが
よもやこんな事になろうとは思いもしませんでした。

本当に悲しいと涙なんて出てこないのかも知れませんね。
パートナーがいるという事は
必ず別れもあるという事だと分かってはいても
そのダメージは想像する事すら出来ません。

煩雑さに追われることで悲しみが占める割合が
少しでも少なくなりますように
何よりも猛暑の中、病院に詰めきりだったyoume さんが
体調を崩しませんように願っています。
Commented by Kintaro-Sushi at 2008-09-10 07:12
たつやさん

たくさん笑って、たくさん遊んで、たくさん美味しくて
羨ましいような仲良し家族が集まって
いつも楽しい事、いっぱいしてましたね。
そんな楽しさのおこぼれを頂いて
私たちも楽しかったです。

ちびっ子だった子供達がすっかり立派になってしまいました。
そのまたちびっ子が加わって、又楽しい事いっぱいやってください。
皆さんは人生の達人ですから。


<< 呉越相和し アラブの布たち >>