青虫

子供の頃、宝物だった蝶々やトンボやセミ
いつのころから、蝶々の粉やセミのお腹が苦手になってしまった。
大人になるって、つまらない。

七海と空がさっそく見つけたミカンの葉っぱの青虫を
ひさしぶりに持って帰りたくなってしまった。
どんなさなぎになるのだろうか。

b0098620_15375965.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-05-24 15:39 | 出来事 | Comments(8)
Commented by ターメイヤ at 2008-05-24 21:00 x
ご存知かもしれませんが、葉っぱの上なら緑、ダンボール箱だったら、薄茶色、新聞紙の上だったらグレーです。
遊んでしまっても色素の保護色調整はされるようです。
・・・・・まだピンク系、青系は試してませんが・・・・・って、やらなくてもよいですよっ!
Commented by わさび at 2008-05-24 22:25 x
ピンク系、青系、
試してみたくなっちゃいました。
でも子供たちのママが青虫大の苦手なんです。
許しが出るとは思えません。
Commented by 泣き虫 at 2008-05-25 02:14 x
金多楼には沢山の虫がいます
Commented by samerdamani at 2008-05-25 02:44
「痛いかもしれない」「毒持ってるかもしれない」
大人になると、警戒心がついちゃうからなんでしょうか。
虫だけじゃなくって、人と接するときも、何か新しいことを
はじめるときも、私はこの大人の(?)警戒心に
足をひっぱられてしまいます。

この青虫、もこもこしていてなんだかかわいいですね~(笑)。
葉っぱこれだけしっかり食べたら大きく丈夫に育ちそうです。

下記事になりますが、ふわっふわの穴子とたまらなく
おいしかったつめ、忘れられません!穴子何百匹分か~
なるほど~。
Commented by 誰そ彼れ at 2008-05-25 19:31 x
泣き虫さん。
芯は強いのに。
Commented by Kintaro-Sushi at 2008-05-26 00:22
泣き虫さん
一番良く泣くのは腹の虫です。
Commented by Kintaro-Sushi at 2008-05-26 00:30
samerdamaniさん
ボランティアも洋裁教室もひとりで飛び込んでみました。
どちらもグッドでしたよ。
もしかすると、私はとってもつよ~い人間なのでしょうか。

そうなんです、穴子を何百匹も煮ないと出来ないつめなのです。
やり方はそれぞれの店で違います。
某有名店では毎日片栗で固めて作ると本に載っていました。
通風の方にはこちらのやり方の方がいいです。
Commented by Kintaro-Sushi at 2008-05-26 00:32
誰そ彼れさん
芯が強い人に限ってよく泣きますね。


<< 山法師の会 ガスレンジ >>