38年

金多楼の穴子の煮汁は開店以来大切に使いまわしているもので
上に塗るつめはこれを煮詰めたものです。

オムツをしている息子が鍋の中にしりもちをついてしまった時
お味噌の袋を「ドボン」と落としてしまった時
二度ほど絶望的な危機に見舞われたのですが
つめを戻して使うことで何とか38年つないできました。

昔は店を開店する時には親方がこれを分けて下さる
とも聞いていますが、うちはいただけませんでした。

佃島の田中屋さんの煮汁は270年だそうです。

b0098620_13511379.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2008-02-19 13:52 | 金多楼 | Comments(12)
Commented by junoleon524 at 2008-02-19 14:47
江戸の味を食べてるってことですね!
す、すごい・・・
Commented at 2008-02-19 17:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 誰そ彼れ at 2008-02-19 22:39 x
これはアミですか?
Commented by Kintaro-Sushi at 2008-02-19 23:01
524さん
270年といえば、そういえば江戸・・・
すご~い。
Commented by Kintaro-Sushi at 2008-02-19 23:02
誰そ彼れさん
アミですが訳あってアミは買いません。
Commented by Kintaro-Sushi at 2008-02-19 23:03
↑さん
危ない所でした。
幸いでした。
Commented by aska at 2008-02-19 23:29 x
アミなんだ~ァ。
子供の頃、炊きたてご飯にのせて食べるのが好きでした。
今もたま~に食べますが・・・やっぱり美味しいです。
Commented by Kintaro-Sushi at 2008-02-19 23:41
askaさん
「佃煮で炊きたてご飯を食べる。」
フレンチよりもイタリアンよりも好きです。
夜はご飯を食べない習慣なのですが
思わず、鵜こっけいの卵と佃煮で一膳食べちゃいました。
Commented by merrows at 2008-02-20 11:57
すごい!!とても格好いいことですよね。いいなぁ。

オムツをした息さんがしりもち、の話は思わず笑ってしまいました。
いろんなことを乗り越えてきた煮汁なのですね。
Commented by coffee_8k at 2008-02-20 14:06
白いご飯が食べたくなって来ました。
私も佃煮大好きなんです!!佃煮があったらおかずはいりません。(笑)
この煮汁の佃煮をこれから先の人たちも食べ続けて行くと思うと
感慨深いものがあります。
Commented by Kintaro-Sushi at 2008-02-20 22:24
merrowsさん
オムツの時は唖然としたとたん笑えちゃいましたが
お味噌は茫然自失、夕暮れの道をさまよいました。
こちらの方が先だったような記憶があります。

Commented by Kintaro-Sushi at 2008-02-20 22:28
coffee_8Kさん
ですよねぇ~
言われてみれば江戸時代からなんて
「素晴らしい!」
私はお刺身なんかより佃煮の方が欠かせないです。



<< 三宿寄席 SOAP亭 JA佐賀 >>