螺鈿

昔、お祝いの引き物には、貝殻の絵がついた塗りの箱に
かつぶしが入って届きました。
最近のラッピングなどとても及ばないすごいものでした。
お嫁に来る時に裁縫箱として持ってきて
未だにちりめんのハギレなど入れて使っています。

めでたい図柄の螺鈿です。

b0098620_21212985.jpg


b0098620_21214514.jpg


b0098620_21231453.jpg


b0098620_21233425.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-12-06 21:26 | 宝物 | Comments(6)
Commented by aska at 2007-12-07 10:47 x
先日、実家で古い漆の朱色箱を発見。
金で描かれた鳳凰の図柄です。
当然のようにもらってきましたが、
そう云えば鰹節が入っていたと聞きました。
心豊かな時代を感じますね~。
Commented by shizumama0219 at 2007-12-07 19:49
良いものをお持ちですね。
母が使っていた鏡台と裁縫箱にも螺鈿が入っていて
指でよくなぞりました。
確かなものを見る目を次の世代にも伝えたいですね。
Commented by 誰そ彼れ at 2007-12-07 21:04 x
開けるたびに、目の底に浮かぶこと。
Commented by Kintaro-Sushi at 2007-12-07 23:23
askaさん
やっぱりありましたか。
こういうものをかつぶし屋さんに収めていた職人さんが沢山いて
その職人さんたちの暮らしがなっていたということですね。
思い切ってハギレを整理しています。
ものが溢れれば溢れるほど貧しさを感じます。
Commented by Kintaro-Sushi at 2007-12-07 23:29
shizumamaさん
裁縫箱から文箱に変わって
今では着物の切れ端などいれてあります。
入ってたかつぶしも素晴らしかったけれど
改めてびっくりするぐらい昔は贅沢だったのですね。
Commented by Kintaro-Sushi at 2007-12-07 23:34
誰そ彼れさん
何もなかった頃が思い出されるばかりです。



<< トマトソース シルクのジャケット >>