百聞は一見にしかず

いくら本を読んでも身につかないことが
実際に見ることによって、よく理解できたりします。
今日の洋裁でもそうでしたが
毎回、「目からウロコが落ちる」
と言って、先生に笑われています。

自由が丘にある『おいしいもの研究所』というスタジオで
土井先生に南蛮漬けを教えていただきました。
刷毛を使って余分な粉を落とすこと。
それからはずっと実行していますが
南蛮漬けがすっきり仕上がります。

ちょっと贅沢なハゼの南蛮漬けです。

b0098620_2254567.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-11-21 22:55 | 料理 | Comments(4)
Commented by 誰そ彼れ at 2007-11-22 20:54 x
木曜日は、ハゼが食べられる段取りですか。
Commented by Kintaro-Sushi at 2007-11-22 23:34
「お店で使うのだから釣り船代を下さい。」と言われています。
Commented by shizumama at 2007-11-26 21:39 x
お久しぶりです。
刷毛を使って余分な粉を落とす・・・なるほど納得です。
南蛮漬け以外でも刷毛は活躍、応用できそう。

はぜの南蛮漬けは美味しいでしょうね。
Commented by Kintaro-Sushi at 2007-11-27 07:55
shizumamaさん
一段落つきましたか。
毛の多いふわふわの刷毛ですると
楽しくて、綺麗に仕上がります。

ハゼの南蛮漬けは上品でいくらでも食べてしまいます。


<< 圧力鍋 クリスマスツリー >>