わらび


いつもの場所にありました。

b0098620_12374914.jpg







何かのかげんで藁が手に入ったときにはそれを燃やし
お水と一緒に瓶に詰めておきます。
これさえあれば上手にあくが抜けます。
年に一度の出番です。  「ごくろうさま」

b0098620_1240109.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-04-26 12:41 | 季節 | Comments(6)
Commented by coffee_8k at 2007-04-26 18:19
蕨の曲線が、愛らしくて大好きなんです。
そんな縁あってか、私の卒業制作のお皿の文様は蕨でした。
「黒釉蕨紋金銀彩鉢」という偉そうな名前を先生につけて頂きまた…。
そう言えば、実家に置きっぱなしだったことを思い出しました!(笑)
Commented by molasses at 2007-04-26 18:26
ニギニギしてますね。
Commented by 誰そ彼れ at 2007-04-26 19:50 x
「わらび」「わさび」字が似てますね。
「妻」「毒」字が似てないかぁ。
Commented by わさび at 2007-04-26 23:10 x
わらびは絵になりますよね。
その卒業製作のお皿、いまに登場させて下さい。
好きなんです、卒業制作を見るのが。

以前蕨の図柄の小皿を5客、清水の舞台から飛び降りる気で買いました。
(飛び降りるのは何度目かと聞かれますが、数え切れません。)
かなり抽象化されたものですがそのモダンさに惹かれて
思い切ったのですが、これがいけなかった。
焼きが甘かったのでしょう、お醤油をすってしまって
どんなことをしても、いやな匂いがとれなくて使えません。
京都の某有名窯のものなんですが
お蔵入りとなりました。
Commented by わさび at 2007-04-26 23:12 x
molassesさん
ちょっと育ちすぎてます。
でも旦那様の釣りのお土産だから
ありがたく、明日食べます。
Commented by わさび at 2007-04-26 23:14 x
誰そ彼れさん
ここまで来ると・・・
毒を食らえば皿までです。


<< ばくだん焼き たかあし蟹 >>