屋台

一瞬にして咲いてしまった桜の下、沢山の屋台で賑わっていました。
こんな素敵な光景に遭遇しても買う側ではなく
売る側の視点になってしまうのは習性でしょうか。
許されるなら寿司の原点だった屋台を
ダーリンと二人で引いてみたいという夢があります。

b0098620_11591832.jpg


b0098620_124568.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-03-29 12:03 | 出来事 | Comments(8)
Commented by Hitomi at 2007-03-29 12:14 x
昨日は美味しいゴハンにお酒に、満開の桜!
その上いろんなお話に、楽しい夜でした~☆ありがとうございました♪
今日は(いや、”も”)仕事がんばりま~す!
Commented by junoleon524 at 2007-03-29 12:24
私もやりたい!屋台!
働くことは、なんにも苦にならない。
旅したり、美味しいもの食べたりもしたいけど・・・
その他の時間は、ぼ~っとした時間っていらないので、
仕事していたい。
Commented by merrows at 2007-03-29 18:05
お寿司やさんの屋台、カッコいい!
夜桜を見ながら、屋台のお寿司やさんで一杯なんて
やってる私もカッコいい・・!(妄想)
Commented by Kintaro-Sushi at 2007-03-29 20:32
merrowsさん
お寿司はごちそうですけれど庶民の食べものなので
昔は屋台でした。
主人が修行した親方は屋台を引いていたそうです。
お寿司を売りながらいろんな出会いを繰り返す。
一期一会のすし屋。
やらしてくれないかな~。
Commented by coffee_8k at 2007-03-29 21:19
今日、私も上野へ子供繋がりの人たちとお花見に行ってきました。
桜色でいっぱいの園内はとても美しかったです。
そして比例して人の数もすごかったです…。
屋台のお寿司屋さん、なんだかとっても新鮮ですね!!
どんな屋台なのか想像するとワクワクします♪
Commented by tasogare54 at 2007-03-29 21:19
屋台を造る時には、手伝わせて下さい。賄い付きで。
Commented by Kintaro-Sushi at 2007-03-29 22:28
coffee_8Kさん
上野の山でお花見はかなり正しいお花見ですね。
それにしてもいっきに桃色の東京になってしまいました。
待ちの商いじゃなくお客さんを求めて売りに行く。
自分たちが生きていくのに必要な分だけを商う。
いいでしょう。
いまの世の中いろんなことが詰まらなすぎです。
もっとアバウトと自己責任でいかがでしょうか。
Commented by Kintaro-Sushi at 2007-03-29 22:32
tasogare54さん
もちろんですよ。
今のこのお店だって貴方なしではなりたたないんですから。
お願いしますね。
屋台の前に今現在「終わりました。」の看板がかなり厳しい状態になっています。
お願いしますよ。


<< 看板 お願いの多い料理店 >>