お願いの多い料理店

息子の話によるとサラリーマンらしき三人が
喫茶店のマスターにお店からつまみ出されたらしい。
失礼がいろいろ重なったのでしょうが
その中で一番共感したのは
カウンターの上に置いたビジネスバッグです。
テーブルは食事をするところ
時にはこぼれたご飯を拾って食べることだってあります。

さすがにうちではそういったお客様は一人もいません。
たまーにですけどHなどのバッグをどっかりと置かれます。
気持ちは痛いほど分かりますがやはりカウンター
「私が見張っていますからどうぞ後ろの台に。」
とお願いすると安心なさって置いて下さいます。

お店によっていろいろなお願いがあるようで
中華街でチャーシュー葱ラーメン315円を食べた店の張り紙です。
かっこの中にはドリンクでもけっこうです。と書いてあります。
ウーロン茶、ジャスミン茶200円でした。

b0098620_1565223.jpg


夜はこの店でテイクアウトした豚の耳と同發のチャーシューで。
とっても美味しい耳に瞳ちゃんは感動!
紹興酒がすすみました。
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2007-03-28 15:18 | 出来事 | Comments(2)
Commented by junoleon524 at 2007-03-28 15:48
ブタの耳~~~~~。
そんなの隠してたの・・・許せない・・・・・・・・・・・・
食べ物の恨みは怖いですよ・・・
やんわり、脅し。
Commented by Kintaro-Sushi at 2007-03-28 17:25
あら あんたいたの。


<< 屋台 横浜美術館 >>