木曾ひのき

お願いしておいた木曾ひのきのまな板を、深川の銘木屋伊勢陶さんが届けてくださいました。
お客様が店の空気が綺麗になったとおっしゃるぐらい(いい匂い)でした。
保健所ではプラスチックのまな板の使用を薦めていますがあれはちょっといただけません。
外材のヒノキでもだめ、木曾ひのきだけが持つ包丁との相性や
殺菌力はかけがえがありません。
1日の仕舞いに沸騰したお湯をかければすっかり綺麗になってしまいます。
b0098620_14443337.jpg

 
[PR]
by Kintaro-Sushi | 2006-06-18 14:44 | 金多楼 | Comments(1)
Commented by tasogare54 at 2006-06-18 17:37 x
まな板を前にして、親方が悦にいっている姿が目にうかびます。
きっと、エールの交換をしているのでしょうね。


<< 道具立て 土井善晴先生 >>