つかの間の涼風

標高850mの山の家
朝、肌寒さで目が覚めました。

ご近所さんは「暑い暑い」と唸ってますが
東京の暑さを知らない故の世迷言
日中でも木陰には心地よい風が吹き抜けていきます。


七海は“将太の寿司”がおもしろいと夢中です。


b0098620_1043963.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2015-07-24 10:44 | 季節 | Comments(0)


<< 本当の理由 入笠山に行ってみれば >>