くるりへ

受けた恩義はお金で軽くなるものでも
ましてや消えてなくなるものでもありません。

熱い想いを抱いた人たちが集まって
偲ぶ会を開くという席に混ぜていただけるので
悲しいけれど楽しみな今日の出張です。


目がさえて眠れなかったので
お気に入りのポットで新茶を楽しみました。



b0098620_103025.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2014-05-21 10:03 | 出来事 | Comments(2)
Commented by wayahiko at 2014-05-21 22:08 x
わぁ~素敵なポット

このポットはどちらのものですか?
Commented by Kintaro-Sushi at 2014-05-22 14:00
wayahiko さん
玉川堂さんのものです。
二人でちょこっと一泊旅行が出来るぐらいのお値段だから
またまた清水の舞台から飛び降りました。


<< 生きた証 ピーベリーを浅目の焙煎で >>