高原のミュージアム 「感じる」

お店の前に陣取って毎日お客様をよんでくれている
我が家のシーサーを作ってくれたのが富ちゃん
シーサーは満身創痍でアロンアルファーだらけだけど
「おかげさまで」と大切にしています。


陶芸 堀野富洋の世界



b0098620_624684.jpg


b0098620_624397.jpg


b0098620_6244411.jpg


b0098620_6244149.jpg


b0098620_6251462.jpg


b0098620_6251322.jpg


b0098620_6254397.jpg


b0098620_6253871.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-11-16 06:26 | 出来事 | Comments(5)
Commented by Piroko at 2012-11-16 09:49 x
きりんから目がはなせません。
Commented at 2012-11-16 13:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Kintaro-Sushi at 2012-11-16 16:55
Pirokoさん
政治家を表現したみたい、そういえば狡猾に見えてくる。
Commented by Kintaro-Sushi at 2012-11-17 11:11
鍵コメさん
先日はありがとうございました。
おかげさまで丸の内で楽しい時間を過ごしました。
24日までなんとか行かれるように努力します。
Commented at 2012-11-20 12:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 卒業アルバムは行方不明だけれど 林檎のケーキ >>