富士見高原特産

いつぞや、食べ過ぎてお腹がきりきり痛くなった真っ赤なルバーブのパイ
あれ以来焼いていません。

5ミリ角に刻んだルバーブとクローブやシナモンで焼くスパイスケーキもご無沙汰です。




ルバーブが大黄の仲間と知ったのはお腹を痛くしたずっと後の事です。



b0098620_817426.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-07-20 08:17 | 料理 | Comments(4)
Commented by takibiyarou at 2012-07-20 13:22
いつものぞかせていただいておりますが
今日は、初めてコメントさせていただきます
ルバーブにも少量ですがセンノサイドが含まれているそうで
敏感な方は下痢をすることがあるそうです
でもジャムはおいしいですけどねー
家にも植えていましたが、まだ収穫はできていません
Commented by Kintaro-Sushi at 2012-07-20 20:09
takibiyarouさん
コメントをありがとうございます。
お名前から察すると男性ですか?「まさか!」
八ヶ岳南山麓にお住まいなんですね、うらやましいです。
私はなぜかあの緑のルバーブのジャムが苦手ですが赤も緑も味に変わりはないのでしょうね。
ルバーブは一度植えると毎年楽しめますか?
Commented by kazukazu at 2012-07-20 20:58 x
昨日実家のスペースに3年前に植えさせてもらったルバーブを収穫してきました。ずいぶん大きな株になり、一年に3回ほど収穫できます。ただ色は緑なので・・・ジャムにするとおいしそうではありませんが・・赤く育てる方法があるのかもしれませんね。赤だとほんとにきれいにできますよね。
Commented by Kintaro-Sushi at 2012-07-20 22:07
kazukazu さん
赤は赤の品種なんじゃないですか。
どこかで見つけたら持って帰りますね。


<< きょうの料理 本手返しとノコギリクワガタ >>