金多楼寿司 シラチャ支店

海外に寿司種を持っていく時は
発砲スチロールに詰めて風呂敷に包んで預けます。
シャリは機内持ち込みにします。

今回JALのカウンターで初めて
『生ものが痛んでも責任は問いません』
という書類にサインさせられました。

入国の紙にはSUSHI CHEFと書きました。



b0098620_10395164.jpg




b0098620_10385019.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2012-01-05 10:40 | 金多楼 | Comments(2)
Commented by 柴ぴょん at 2012-01-06 10:35 x
明けましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくおねがいします。この写真みてるだけで涎が垂れてきました。新年初金多楼が待ち遠しいです。よい休日を!
Commented by Kintaro-Sushi at 2012-01-09 08:59
柴ぴょん さん
開けましておめでとうございます。
沖縄のお正月はいかがでしたか。
地獄で仏のお助けマンの柴ピョンさま
今年もよろしくお願いいたします。


<< 生きものの音 タイの台湾料理 >>