慰められて

余儀なくさせられた半年の休業は不満がいっぱい
10月初旬には内装に入れるはずでしたが
やっぱりね、案の定、ほら見たことか
今日になってもまだ建物が仕上がっていません。

お客様からの問い合わせが多くなり予約を頂きながら
私たちの苛々も抑えがたいものになり始めていますが

娘の友人たちが折に触れて
そんな私たちを慰めてくれています。

贈り物上手のTちゃんからはハンドクリームや箸置きや
手作りの大学芋だって届きます。

b0098620_10175890.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2011-10-21 10:20 | 金多楼 | Comments(4)
Commented by Piroko at 2011-10-21 14:10 x
私が遠いもので、私の友達が実家を気にしてくれ、
立ち寄ってくれ、心をかけてくださる。
本当に、ありがたい。良い友と出会えて、私は幸せ者だ~。
なので、ここでのひどい出来事は我慢しよう・・・。--;
あまりの違いに愕然とする日々は一層増すばかり・・・
程度が日々低くなっていて、かなり辛いです。
Commented at 2011-10-21 14:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Kintaro-Sushi at 2011-10-22 22:15
Piroko さん
みんなそれぞれ大変のようですよ。
頑張ってください。
Commented by Kintaro-Sushi at 2011-10-22 22:18
↑さん
ご心配ありがとうございます。
今日、コンクリートで床の工事に取り掛かっていました。
出来るかな~


<< お星様になる 叶わぬ夢 >>