東京風 黒豆

6~7時間煮て指の腹で潰れるほど軟らかくなったところを
いっきに大量のお砂糖でぎしっと硬く〆ます。

これに赤く染めたチョロギを入れたら東京風

お砂糖を控えたので皺のよりかたがいまいちですが
常温でも大丈夫なほどあま~い黒豆です。




b0098620_9312385.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-12-14 09:32 | 料理 | Comments(4)
Commented by aska at 2010-12-14 20:11 x
へ~そうなんだ。
軟らかく茹でてからお砂糖をまぶすの?
生っ粋の東京っ子で育ったつもりでしたが・・・もぐりだったかも。
東京風試してみます。
Commented by わさび at 2010-12-14 23:35 x
askaさん
充分に軟らかくしてからでないとうまくいきません。
お砂糖を入れてから2時間
醤油を入れて10分、お塩を入れて10分です。
娘は京都風よりこちらの方がずっと好みなんです。
Commented by ターメイヤ at 2010-12-16 18:52 x
私もこれを読んで急に食べたくなったので、今朝、お弁当を作りながら圧力なべでちゃちゃっと簡単に作りました。
私のレシピもわさびさんのと順序は同じです。
ただ、しわしわが好きな私とぷっくりしたのが好きな夫の好みを折衷してちょっとだけ「しわ」にしました(笑)
Commented by Kintaro-Sushi at 2010-12-16 22:57
ターメイヤ さん
私もそういう希望に答えて中間のを煮たことがあります。
皺皺のタイプは丹波よりも岩手のがんくい豆が適していますが
私は丹波を使ったのであの噛みしめる感がいまいちでした。


<< 赤坂 しろたえ ワニたたき >>