鯛茶漬け

日を追うごとに美味しくなっていった鯛が少し残ったので
晩御飯を鯛茶にしました。

鯛は薄切りにしてからちょっとの間だけ煮きりに漬けたもの
吸い地よりちょっと薄味のお出汁をかけました。

主人が修業した料理屋では
このおだし汁にお茶の葉も入れるのだそうですが


三つ葉がなかったので小口切りの九条葱と
胡麻と海苔とわさびで




b0098620_7261464.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-06-09 07:28 | 料理 | Comments(6)
Commented by kun-kuro at 2010-06-09 09:07 x
うわー 美味しそう やってみます おだしにお茶ですか 苦みが出て大人な味になるのでしょう 
Commented by Kintaro-Sushi at 2010-06-10 08:35
kun-kuro さん
本当に美味しくて、主人なんかもったいなくて食べられないなんて
ゆっくり食べていたのでふやけちゃってました。

味をつけたお出汁でお茶を入れるといった感じでやってみてください。
私は緑茶のお茶漬けが好物ですが
年に一度ぐらいしか食べる機会がないんですよね。
Commented by yoshi-pooh at 2010-06-10 10:15 x
鯛茶食べた~い♪
これって、フレンチやステーキの後のしめに最高。
でも、お寿司のしめにばなり得ない×
残念
Commented by わさび at 2010-06-10 23:31 x
yoshi-pooh さん、鯛が美味しいのもあと少し
イタリアンやフレンチの後によってください、鯛茶作ります。
でも前もってお電話くださいね。
ご飯炊いておきますから。
Commented by hanamomoact at 2010-06-11 12:49
藤沢周平さんの本には、よくお茶漬けが出てくるので、読むたびに食べたくなっちゃうんですが、
お茶漬けの素で作っても、そんなに思ったほどおいしくなくてがっかりします 笑。
本の中のお茶漬けは、きっともっととても質素なモノなんだと思いますが、
でも、こういう本当に美味しそうなお茶漬けを食べたら
「あぁ本の中のお茶漬けをついに食べることができた」と
思うことができそうです。
Commented by わさび at 2010-06-11 16:24 x
hanamomoactさん
藤沢さんの本にお茶漬けが出てきた事を忘れています。
あの時代の事、どんなお茶漬けだったのでしょう。
私が一番好きなお茶漬けは佃煮や糠漬けをおかずに
緑茶をかけただけのものですが自粛しているので
一年以上も食べていません。
これから暑くなったら美味しいでしょうねぇ


<< 麻のジャケット 深夜のアマトリチャーナ >>