アサリのワイン蒸し

お二人のデザイナーに
それはそれは美しい作品を沢山見せていただいたので
きっと興奮して眠れないに違いない。

遅い時間だけれど食べて飲もう。

アサリのワイン蒸しと虎豆
温野菜のサラダとぶどうパンも少々。

シェフがちらりとつぶやいたアサリと豆とパスタって
本当はどんなお料理なのかしら




b0098620_9292258.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2010-05-23 09:31 | 料理 | Comments(2)
Commented by aska at 2010-05-24 10:32 x
その「つぶやき」即実行~さすがです。
あさりの茹で汁で豆を茹でる?
豆の茹で汁であさりを茹でる?
どっちだっけ?私はそこで止まったまま。
メニューにのったらまた!
Commented by Kintaro-Sushi at 2010-05-24 13:46
askaさん
ありあわせのお豆なので一度目は金時豆でしたが
主人がとても気に入ったのでこれが二度目
豆は予め潰れないぐらいの硬さに茹で
アサリをワイン蒸しした中で一緒に火を通しました。
最後にトマトのざく切りを入れて
今が旬なのでアサリはことこと煮ても硬くならず
アサリの味がお豆に移ってとっても美味しいです。

本当はもっとしゃれたお豆が使いたいのですがね。


<< ビーフカレー 親方と弟子 >>