のっぺい汁

鯊釣りが順調なので昨夜も金多楼は
鯊を召し上がりたいお客様で賑わいました。

ユキさんが芋茎のついた親芋と
大きく伸びた小松菜とのっぺい汁を届けてくださり
いつもの季節が巡ってきています。

貝柱や茸や野菜の味が渾然一体となって
薄味の汁に出ています。
それでいて雑味のない透明な美味しさは
まさにご主人お得意の台詞
「なんじゃあ、これは」です。




b0098620_9532843.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-11-06 09:54 | 料理 | Comments(0)


<< ソウル その4 N子さん >>