ソウル その2

もう一人の同行者、Tちゃんは金多楼の初代若い衆
私と同じ歳ですからもうおじいちゃんです。
数日前にソウルでお墓参りを済ませたばかりという
彼の流暢なハングルがなかったら・・・

という訳でベッドルームはこんな感じで
素晴らしいガイドさんでした。



b0098620_8461252.jpg



011.gif








彼がいなかったら絶対食べられなかった路地裏のちげ鍋屋さんは
大勢のサラリーマンで賑わっていました。



b0098620_8503656.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-10-31 08:52 | 出来事 | Comments(2)
Commented by paipu-ya at 2009-10-31 12:50 x
うまそ~だ!ぜひ、食べてみたい!再現してくれないかな~!もちろん食材は当方でご用意させていただきます!お持ち帰りなされたとお伺いしました、おいしい、おいしいマッコリーのお味が落ちないうちに!
Commented by Kintaro-Sushi at 2009-10-31 14:41
paipu-ya さん
とっても小ぶりのタラなんです。
だからタラコも白子も入ってます。
コリアンの彼ですら辛くないちげ鍋の存在を知らなかったらしい。
食材は河岸でなんとかしますから、マッコリ飲みながら
お土産話と行きますか。


<< ソウル その3 そしてサムゲタン >>