新子

老眼鏡をかけて柳刃でおろしていた新子も
三カンづけからニカンづけという大きさになっています。
新いかも一パイから三カンぐらい取れるようになった今頃の方が
食べては美味しいと思うのですが
どちらもイベントのようなものですから
ま、女房を質に入れても食べたいという
初鰹のようなものなのでしょうね。



b0098620_21355234.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-08-27 21:37 | 思い出 | Comments(2)
Commented by molasses at 2009-08-29 21:03
これって確か・・・・
私の好きなお皿だったと思います。
Commented by わさび at 2009-08-30 16:40 x
これ、なんだか不思議な絵柄なんですよね。
裏は葡萄です。
一度は織部にのせてみたのですが握りが映えなくてこれに。


<< 服地のアライ 加藤嘉久さま >>