不動明王さま

単身ニューヨークへ渡った娘の無事を祈るために
目黒不動に月参りをはじめてからかれこれ15年
娘はとっくに帰ってきたけれど
心配ごとや悲しい事があるたびに、本堂に座ります。

病気で作陶を休んでいる自然坊さんが
不動明王を二体仕上げ
その一体が海を渡って大阪まで来ています。

「剣が折れるかもしれないけれどボンドでつければいい」
とは、彼らしい。


b0098620_1081150.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-08-22 10:08 | 宝物 | Comments(4)
Commented by komaba at 2009-08-24 12:39 x
どこなんでしょう?大阪の居場所は?
Commented by Kintaro-Sushi at 2009-08-24 14:49
komabaさん
豊中です。
ここから先は大阪のお客様が
うちまで運んでくださる事になっているのですが
その方現在、イエローストーンに
うちに着くのは九月に入ってからになるそうです。
Commented by komaba at 2009-08-24 21:54 x
楽しみですね。
Commented by Kintaro-Sushi at 2009-08-25 12:17
komabaさん
狭い店と我が家ですから
置く場所がなさそうなんです。


<< 大井戸 三郎屋 '09.8.18 >>