プー家の晩餐  ’09.8.16

野蕗のお庭でくるくる回るローストポークがお出迎え
みごとに揃ったお道具と
お料理の本と食材と腕前

口代わりはシャンパンとローズマリーのグラニティ
デザートはクレープシュゼット
添えられたアイスクリームまで自家製なのです。



b0098620_22273696.jpg




011.gif





もちろんシェフは沈没でした。

b0098620_13514848.jpg



b0098620_1352791.jpg



b0098620_13522865.jpg



b0098620_13524630.jpg



b0098620_1353292.jpg



b0098620_13531791.jpg



b0098620_1354010.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-08-19 22:28 | 金多楼 | Comments(8)
Commented by yoshi-pooh at 2009-08-20 11:59 x
お帰りなさいませ。

年のせいでしょうか、30代,40代の頃はあの2、3倍の種類のお料理こなしていたのに、連日の早朝からの素足での立ち仕事で冷えたのか、お山で見事に痔がぶり返しました。はは。

ところで、よく考えたら、パスタも手打ちでやればよかった。次回はサフランを打ち込んだフェットチーネで雲丹パスタやりましょう!!
Commented by Kintaro-Sushi at 2009-08-20 14:26
yoshi-pooh さん
ご馳走様でした。
そしてお疲れ様でした。
沢山食べワインもいっぱい飲んだのにちっとも苦しくならず
翌朝4時、爽快に目が覚めて送っていかれました。

パスタまでやっちゃったら持病がもっと悪化してしまいますから!
Commented by deliciousnice at 2009-08-20 16:17
すごいですね、、
写真からも美味しそうな料理の迫力が伝わってきます。
Commented by yoshi-pooh at 2009-08-20 16:33 x
おっと、冷製コーンスープのグラスの1996の文字がしっかり写っていて感激。このグラスの1996ってこの家を建てた年と娘が生まれた年。当時、恵比寿にある、よくフレンチやイタリアンでもここの食器つかっているお店でオーダーして彫ってもらったものです。
Commented by Kintaro-Sushi at 2009-08-21 09:25
deliciousniceさん
すごいでしょう!
とうもろこしのスープなんて美味しすぎて
七海は二回お代わりしてました。
採れたてのとうもろこしにいやと言うはど手間をかけるのですから
美味しいに決まってます。
ローストポークは林檎とスパイスの効いた桃のコンポートと
一緒にいただきました。
Commented by Kintaro-Sushi at 2009-08-21 09:30
yoshi-pooh さん
このグラスの数字がとっても素敵だったので撮りましたが
大正解だったのですね。
どんな意味のある数字なのかと思いましたが
なんせ食べるのに夢中でして・・・
Commented by deliciousnice at 2009-08-21 16:27
この素敵な器に入っていたのはコーンスープだったんですね、、。
なぜかフランスにクリームタイプのコーン缶詰が売っていないのでしばらく食べていなかったけれど大好きでした。 フランス人はなぜか飲まないみたいです。 考えてみたらコーンから作れるんですね、、でもこちらのは手間がかかっていそうですね。
Commented by Kintaro-Sushi at 2009-08-22 10:36
deliciousniceさん
私と娘は最近ミルクがとっても弱いので
これはミルクを入れる前の濃いとうもろこしのスープです。
ご親切でしょう!そこまで気を使ってくださったお料理なんです。
コーンで作る方が何倍も美味しいですよ。
作り方はpoohさんのブログで。


<< 神通川 ’09.8.17 国会議事堂 >>