加藤嘉久様

悲しくて悲しくて悲しくて
商売なんて、やってらんない。

「ロングランはすばらしい」
そう言って励まし続けてくれた
だ~れも来なくったって
貴方がいらしたくださって
貴方の話を聞いていているだけで
「あぁ、今日はいい日だった」と

貴方が死んでしまったら
金多楼はこっから先どう生きていったらいいんだろ。

知らない土地で迷い子のような
捨てられた子のような私たちです。







イベントなどいっさいない金多楼の
後にも先にも一度きりの忘年会を
六本木ろくさんで企画してくださってありがとうございます。
高くて、とっても行かれない吾妻での食事楽しかったです。
若夫婦をサルバトーレに招待して下さってありがとうございます。
貴方がいなっかったら今の金多楼は存在していなかったでしょう。

「さよならだけが人生だ」という言葉を噛み締めています。
さようなら、また会いみまえる日まで。



b0098620_0255037.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-04-14 23:48 | 金多楼 | Comments(8)
Commented by shizumama0219 at 2009-04-15 10:12
さぞお辛い事とお察しいたします。
かけて差し上げる言葉も見つかりませんが
きっとその方はおふたりに『大丈夫だよ、立派にやっていけるよ。』と言われると思います。
Commented at 2009-04-15 18:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Kintaro-Sushi at 2009-04-16 16:21
shizumama0219さん
すっかり、うろたえてしまいました。
生まれも育ちも違いますが主人とおなじ年の生まれ
育った時代が一緒ですから何でも許して下さいました。
心の広い方でした。
Commented by Kintaro-Sushi at 2009-04-16 16:29
↑さん
何でこんなに悲しくて涙ばかりがこぼれるのでしょう。
「きっと、本当にいい人だったからだよ」って剛が
仕事が好きで、人と人を結びつけたり、世に送り出したり
この不況のなか最後まで人のために駈けずりまわってました。

大きな声で、元気いっぱい歌ってくださった
スタンドバイミー、忘れません。
Commented by 麦子 at 2009-04-16 21:00 x
心の支えであった方がいなくなられたこと
さぞ悲しくて、苦しくて、辛いことでしょう。
そのお気持ちが少しでも楽になられることを強く願っています。
天国の方も きっとそう想っていらっしゃると思います。
   
Commented by youme at 2009-04-16 23:16 x
思いっきり泣いて下さい

そうすると泣いてる場合じゃないと思えてきますよ!

泣いててもあの人は喜んでくれないって思ってね!
がんばれ~!
Commented by Kintaro-Sushi at 2009-04-17 10:00
麦子さん
ありがとうございます。
本来感情を抑えられないたちですが
ブログでは精一杯平らかにを心がけてます。
感情的に書きすぎたと少し後悔してます。
こういうときは料理も上手くできませんね。
天国であきれてるでしょうね、きっと。
Commented by Kintaro-Sushi at 2009-04-17 10:00
youme さん
貴女に励まされちゃうと、申し訳ないです。
他人だからこそ手放しで悲しんでいられるのでしょうね。
商売って楽しい事がいっぱいある分
辛い事も沢山あるのでしょう。
カウンターの向こうでいろんな人が微笑んでいるのが見えます。


<< 出版記念パーティー べーごま >>