べーごま

じぃじの特訓はなかなか厳しくて容赦がありません。
小さな手で紐を巻き上げていくのは難しそうです。
暗くなる頃には上手く出来るようになりましが

「そらく~ん」
「ななみちゃ~ん」
何人ものお友達が声をかけていきます。
公文へ行くのだそうです。

うちの子、大丈夫だろうか。


b0098620_21203419.jpg

[PR]
by Kintaro-Sushi | 2009-04-13 21:21 | 出来事 | Comments(6)
Commented by 誰そ彼れ at 2009-04-13 22:35 x
コロバヌサキノ ババゴコロ。
Commented by Piroko at 2009-04-14 11:30 x
↑大爆笑!
Commented by Piroko at 2009-04-14 11:31 x
人と違うことをしてるということは・・・
人と違う生き方ができるかもしれないという、
根拠のまるでない、希望を持ち、子育て。
Commented by shizumama0219 at 2009-04-14 16:36
人生に無駄な事などひとつもないとしたら
おじいちゃんとお孫さんのこの濃密な時間は宝物のようなもの。
心の片隅にずっと残る大切な記憶の断片・・
いいな〜 ほのぼの家族。
Commented by Kintaro-Sushi at 2009-04-16 16:36
shizumama0219さん
やることがいっぱいあるからと学童に行かず帰ってきたと思ったら
さっそく、ベーゴマとスケボーやってます。
私も昔こんなふうに暗くなるまで毎日遊んでましたけど
何とかご飯は食べられてますからねぇ。
緻密な作業も丁寧にこなしますからやっぱり職人さんかな、と。
Commented by Kintaro-Sushi at 2009-04-16 16:37
誰そ彼れさん
実を言うと私も遊んでる子を見るほうが楽しいので
ほってあります。
孫だし・・・


<< 加藤嘉久様 筍ご飯 >>